バリアフィルムの市場規模、2028年に326億172万米ドル到達予測

バリアフィルムの市場規模は、2021年の197億7,928万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2028年には326億172万米ドルに達すると予測されています。バリアフィルムは、薄いプラスチックベースの製品で食品包装ソリューションの不可欠な部分を担っており、チップやチョコレートなどを含んだ、ベーカリー、ペットフード、砂糖菓子、乾燥保存食品、飲料など、さまざまな食品に使用されています。バリアフィルムは、保存期間を延ばしたり、酸素や湿気のバリアとして外的影響から食品やその他の製品を保護するために使用されています。

牽引要因:食品の保存期間延長に対する需要

消費者のライフスタイルが忙しくなり、便利な食品包装への需要が高まっていることが、バリアフィルムの需要を後押ししています。バリアフィルムは、製品の寿命を延ばし、防腐剤の使用を減らすのに役立っており、印刷基材としても機能するため、製品に美観を与えることができます。食品・飲料業界では、従来のパッケージング形式から軽量で持ち運びしやすいパッケージングへと移行しつつあります。バリアフィルムを使用することで、ガラスや缶の使用を避けることが出来ます。

抑制要因:劣化しやすい性質

バリアフィルムは、高温になると酸化劣化しやすく、塩ビと似た性質を持つPVDCは、紫外線や熱にさらされると不安定になります。バリアフィルムの劣化は、主にコーティング層のピンホールやクラックによって観察されます。ナイロンも香料やガスに対するバリア性からバリアフィルムとして使用される素材の一つです。しかし、ナイロンは吸湿しやすく、また可塑剤として作用するため、ガスバリア性が低下する傾向があります。また、バリアフィルムに使用されている樹脂の中には、光や高温にさらされると特性が変化するものがあり、フィルムの機械的強度や引張強度が変化し、変形につながることがあります。

市場機会:生分解性バリアフィルム

包装における、環境に及ぼす影響への圧力が高まっています。食品・飲料メーカーはこうした環境問題を考慮し、製品の性能を損なうことなく、使用するポリマーの量を減らしています。環境への影響を低減するために、生分解性・再生可能なセルロースベースのバリアフィルムの生産を開始した企業もあります。例えば、Alcan Packaging Food Americasは、生分解性バリアフィルムであるCeramis PLAを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]