生物製剤の医薬品受託製造開発機関(CDMO)の市場規模、2028年に257億5,000万米ドル到達予測

生物製剤の医薬品受託製造開発機関(CDMO)の市場規模は、2021年の110億1,000万米ドルからCAGR12.9%で成長し、2028年には257億5,000万米ドルに達すると予測されています。生物製剤の医薬品受託製造開発機関は、細胞株の開発から生物製剤の長期的な商業供給まで、完全なサービスを提供しています。このサービスには、細胞株の開発、上流および下流プロセス、分析および生物学的分析方法、製剤および品質評価、規制当局への支援などが含まれます。

牽引要因:疾病の有病率の増加

がん、神経疾患、婦人科疾患、眼科疾患、心血管疾患などの有病率は年々増加しています。例えば、WHOによると、毎年約820万人が癌を原因として死亡しており、これは、全世界の死亡者数の13.0%に相当します。さらに、今後数十年間に新たながん患者は70.0%増加すると推定されています。このような場合、多くのバイオファーマ企業が疾病治療のための新規治療薬やファーストクラス製品の開発に注力しているため、ヘルスケアCDMOは患者ケアにおいて重要な役割を担っています。

抑制要因:トップ製薬企業による生物学的製剤の自社生産

生物学的製剤は高価で利益率の高い製品です。大手製薬会社は供給の安定性、品質の確保、独自の細胞株のIP保護、製造工程に重点を置いているため、自社生産を試みる会社が増えています。

市場機会:大手企業による高い統合活動

顧客に統合的なソリューションを提供するため、主要企業は成長戦略に目を向けており、より多くの統合が行われると予測できます。生物製剤受託製造に関心を持つ企業は、買収、共同研究、市場の中小メーカーとの提携を通じて自社の地位を固め、製品の範囲を拡大しようとしています。企業統合は、その戦略を大幅に加速させ、生物製剤の受託製造需要サービスにおける規模と深さを構築します。

脅威:技術的な困難

生物製剤を製造する技術は非常に高度で、技術移転には時間と費用がかかります。単一のサプライヤーとの関係は、供給問題のリスクを軽減する可能性を持っています。さらに、この関係は、CDMOが同じ顧客により多くのサービスを販売し、製品のライフサイクルの早い段階で製品を固定化するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]