冷却ファブリックの市場規模、2028年に79億4,000万米ドル到達予測

冷却ファブリックの市場規模は、2021年の38億7,000万米ドルからCAGR10.8%で成長し、2028年には79億4,000万米ドルに達すると予測されています。冷却ファブリックは、天然素材と合成素材の両方から作ることができ、冷却と保温、そして肌のような柔らかい質感を提供する革新的な製品です。また、汗を蒸発させ、生地が体に張り付くのを防ぐため、冷却効果と合わせて利便性を提供します。その重要な利点は、水分の循環と蒸発の制御が含まれており、体温調節のために使用されるその他の繊維とは区別されています。

牽引要因:スポーツウェアと防護服の需要増加

スポーツウェア用途での冷却ファブリックの使用は、耐熱性、耐湿性、耐汗性、軽量、スマート、携帯性に優れ、着用者の体温を外気温に合わせて調節するのに役立ちます。スポーツをする人は、フィールドにいる間、乾いた状態を保つことが出来るため冷却ファブリックを好んで使用し、運動中に体温を下げることなく快適に過ごすことができます。また、冷却ファブリックは、保護服の製造にも使用されており、高温で過酷な環境で、体温の上昇を防ぎます。スポーツウェアや防護服として利用される冷却ファブリックの需要が市場を牽引しています。

抑制要因:最終製品のコスト高

原材料の高騰は、冷却ファブリック市場の成長を制限しており、生産者の大半は、原材料価格の変動の中で継続して利益を得るという課題に直面しています。冷却ファブリックは高度なインフラを必要とするため、製造コストが高く、その事が市場成長の抑制要因となっています。また、原材料やその調達コストが高いため、完成品の総コストが高くなり、メーカーの利益幅が制限されることになります。さらに、ナイロンやポリエステルなど、原油を原料として製造されるため、原油価格の上昇は最終製品の価格上昇につながる可能性があります。

市場機会:医療・防衛用途での需要増加

軍事用途の冷却ファブリックの需要は、温度調節、有害な紫外線(UV)や汚染物質からの耐性、着用者の過度な熱からの保護などの利点から高まっています。冷却効果は、着用者の安全性だけでなく、パフォーマンスにも貢献することができます。さらに、体温上昇や発熱を引き起こす熱関連疾患、感染症、慢性疾患の治療用として、医療分野での需要も高まっています。先進国では、健康や日常生活の質を高めようとする意識から、ヘルスケア用途での冷却ファブリックの需要が加速することが予想されます。時には、血流を増加させ、腫れを軽減するために使用されることもあり、こうした技術的進歩は、メーカーの製品ポートフォリオを強化し、新しい市場に対応する機会を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]