ヘルスケア用AIの市場規模、2028年に863億7,000万米ドル到達予測

ヘルスケア用人工知能(AI)の市場規模は、2021年の66億6,000万米ドルからCAGR44.2%で成長し、2028年には863億7,000万米ドルに達すると予測されています。人工知能は1956年に採用がはじまり、1972年には医療分野で大々的に取り上げられるようになりました。人工知能は、人間の認知能力を推定するために、医療データの分析において、複雑なアルゴリズムとソフトウェアを使用することです。健康関連のAIアプリケーションの目的は、予防または治療技術と患者の転帰の関係を分析することです。AIプログラムは、診断プロセス、治療プロトコルの開発、薬剤開発、個別化医療、患者のモニタリングやケアなどの実践に開発・適用されています。

牽引要因:ヘルスケアにおける人工知能の資金調達の増加

人工知能(AI)と機械学習(ML)は、ヘルスケア産業において非常に重要な役割を担っています。AIは、臨床研究、ロボット型パーソナルアシスタント、ビッグデータ解析などで主に利用されています。古典的なベンチャーキャピタルも企業の戦略的投資家も、この分野に惜しみない投資をしています。CB Insightsのレポートによると、人工知能に特化したヘルスケア企業は、2020年第1四半期に10億米ドル近くの資金を調達しました。スタートアップは、AI&機械学習を使って、急性だけでなく慢性の心臓病のウェルネス、スクリーニング、診断を行っており、300万人の患者を支援しています。2020年現在、民間企業がAIに果たす役割は大きく、ヘルスケア関連AIの上位50社のベンチャーキャピタル(VC)資金は85億米ドルに達しています。また、大手テック企業、スタートアップ、製薬、医療機器企業、医療保険会社は、新興のAIヘルスケアエコシステムに関与していることが報告されています。ヘルスケア人工知能の資金が増加していることから、今後、ヘルスケア向けAI市場の成長が拡大することが期待されます。

抑制要因:高い設備投資

既存の医療インフラにヘルスケア用人工知能を統合する場合、運用に関わる経費が懸念材料となります。この経費には、設置されたシステムやネットワークのアップグレード、医療従事者のトレーニングおよび開発、監視システムの設置、メンテナンスなどが含まれます。さらに、データ量の増加に伴い、ストレージやセキュリティのニーズも高まり、必要な設備投資額にも影響を及ぼします。また、運用・保守のために専門的な人材も必要となり、AI統合の全体的なコストが増加することが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]