特殊紙の市場規模、2028年に211億1,000万米ドル到達予測

特殊紙の市場規模は、2021年の130億6,000万米ドルからCAGR7.1%で成長し、2028年には211億1,000万米ドルに達すると予測されています。特殊紙とは、特定の性質を持つグレードの紙を指し、紙幣の印刷、飲料の包装、水のろ過など、特定の用途向けに設計されています。また、保湿性、pHレベル、衛生面を強化し、食品・飲料、ライフスタイル、化粧品などの分野における包装材料として適しています。例えば、現代における多忙なライフスタイルにより、特殊紙を使用したインスタントティー用小袋の消費量が増加しています。

牽引要因:人々の意識の高まり

スペシャルティ製品の需要の伸びと、人々の認知度の向上が、同市場の推進要因となっています。特殊紙は、メーカーが一般紙を加工しているもので、多様な需要があり、特殊なグレードで利用が可能です。最終用途アプリケーションが増加し、新しいライフスタイルを採用することにより、特殊紙市場の重要性が増しています。

抑制要因:代替品の増加

異なる産業用途からの代替品の増加が、特殊紙市場の成長拡大を抑制しています。サプライヤーやメーカーがマーケティングにおける規制の承認を得ることが出来なかった場合、ビジネスに害が及ぶ可能性があります。

市場機会:オンラインショッピングの台頭

先進国だけでなく新興国でもオンラインショッピングが盛んになっており、特殊紙市場の世界的な推進要因となっています。オンラインショッピングの利便性により、eコマースポータルのユーザー数は一貫して増加しており、製品の輸送や保管に必要な包装材などの需要も増加しています。特殊紙市場は、オンラインショッピング部門でも広く利用されているため、重要な恩恵を受けています。

地域別考察

市場は、欧州地域が最大シェアを占めると予測されます。欧州は最大の紙の輸出国であり、特殊紙分野への投資を増やしています。また、オンラインショッピングの増加や、地域の製品の包装・配送も、市場の成長を後押ししています。

また、アジア太平洋地域は、最高のCAGRで成長すると予測されています。これは、人口の増加と急速な工業化によるもので、インドや中国などの発展途上国における不動産セクターの成長が、オンラインショッピングの拡大につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]