シリコン系負極電池の市場規模、2028年には3億3,350万米ドル到達予測

シリコン系負極を用いた電池の市場規模は、2021年の6,398万米ドルからCAGR26.6%で成長し、2028年には3億3,350万米ドルに達すると予測されています。シリコン負極電池は、リチウムイオン(Li-Ion)電池の一種で、負極をシリコンナノチューブまたはシリコンコーティングで置き換えたものです。電池にシリコン負極を使用するというアイデアは、まだ多くのテストが行われている段階ですが、通常のリチウムやグラファイトの負極と比較して、長寿命で高いエネルギー貯蔵を可能にし、電池を長持ちさせるなど、複数の利点があります。

牽引要因:電子産業における発展

電子機器の出荷台数が急速に増加し、産業・サービス業が幅広く成長することで、GDPが世界的に伸びています。その結果、スマートフォンへの支出が増加しています。現在では、シリコン負極電池は、高電圧、高エネルギー密度、長寿命という特徴を活かし、3G携帯電話、ノートパソコン、タブレット端末、MP4プレーヤー、デジタルカメラなどの家電製品や、電動自転車、ハイブリッドカーなどの車載電源として広く採用されています。ノートパソコン、携帯電話、タブレットなどのマイクロエレクトロニクスデバイスの需要増は、同市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。また、インターネットの普及に伴うスマートフォンの需要拡大も、市場の成長をさらに高めています。リチウムイオン電池の負極材として、その優れた容量性能からシリコンの利用が拡大しており、市場の成長を後押しすると予想されます。また、ハイエンド電子アプリケーションの需要増加による高性能電池の需要増と相まって、環境への関心が高まっており、市場のさらなる拡大が見込まれています。

抑制要因:原材料の高コスト

原材料のコスト上昇により、製造コストが上昇しています。シリコン電池の製造コストの高さは、今後数年間の市場成長を抑制する数少ない要因の1つです。

市場機会:IT分野の発展

IT分野の成長と、高性能オペレーティングシステムの開発に注力する政府の動きは、市場機会をもたらすと予想されます。さらに、高性能な電池と優れたエネルギー貯蔵システムを提供する技術の進歩が、今後のシリコン負極電池の市場成長をさらに拡大させると予想されます。メーカーによる新しいギガ工場プロジェクトの増加は、市場に潜在的な成長機会を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]