アイデンティティガバナンスおよび管理の市場規模、2028年に161億7,000万米ドル到達予測

アイデンティティガバナンスおよび管理の市場規模は、2021年の57億2,000万米ドルからCAGR16.0%で成長し、2028年には161億7,000万米ドルに達すると予測されています。アイデンティティガバナンスと管理ツールは、ビジネスの成就、効率、アプローチのための触媒として機能します。集計されたデータは、その中核となるいくつか基礎として機能し、ユーザーアクセスの制御を強化するために、企業のIT環境全体に広がっているデータの異なるアイデンティティとアクセス権を組み合わせ、結合することを可能にします。

牽引要因:規制遵守を重視する組織の増加

アイデンティティガバナンスと管理システムは、IDのガバナンスと管理という2つの主要な要素で構成されています。その主な機能は、コネクター、パスワード管理、アクセス要求ワークフロー管理、自動プロビジョニング、アプリケーションエンタイトルメント管理で構成されています。コンプライアンス要件を満たすために、組織はアイデンティティ手続きの運用効率を向上させ、コンプライアンス、グローバル化、データの活用に向け注力しており、今後のアイデンティティガバナンスと管理市場の成長を後押ししています。

抑制要因:高い支出

アイデンティティガバナンスと管理のソリューションは高価であり、この高額な支出は、市場の抑制要因となっています。ほとんどの組織は、不要なコストを削減しようとしており、この技術の導入は、より多くのコストを増やします。コストが高いため、この技術は小規模な組織にはあまり適していません。また、設置や設備にかかる費用が膨大になるため、アイデンティティガバナンスと管理市場の成長が制限される可能性があります。高価なソフトウェア、光源、制御システムの使用は、潜在的な顧客を遠ざける可能性があり、高い費用と中小企業(SME)における需要の低さが、同市場の成長を妨げると思われます。

市場機会:政府規制の増加

アイデンティティガバナンスと管理に関する政府の規制も、同市場の成長を後押ししています。例えば、SOX法準拠の要件に対応するIGAソリューションには、アクセス管理およびIDガバナンスの集中管理、職務分離(SoD)ポリシーの実施、インフラ全体のユーザーの権利と権限を検証する定期監査、コンプライアンス監査用の明確なレポートを生成する自動ログ記録および追跡ツールなどがあります。クラウドサービス、ソーシャル、モバイルの急速な普及により、従来のファイアウォールシステムはますます時代遅れになりつつあります。デジタル・アイデンティティは、アクセス制御を実施するために不可欠なものとなっています。その結果、アイデンティティガバナンスおよび管理は現代の企業にとって重要な優先事項となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]