バイオプラスチック包装の市場規模、2028年に572億8,000万米ドル到達予測

バイオプラスチック包装の市場規模は、2021年の168億米ドルからCAGR16.6%で成長し、2028年には572億8,000万米ドルに達すると予測されています。バイオプラスチックは、植物性油脂、コーンスターチ、わら、木材チップ、おがくずなどの再生可能なバイオマス資源から生産されるプラスチック材料で、地球環境を汚染しているプラスチック廃棄物の問題を軽減するために使用されています。

牽引要因:政府によるイニシアチブの高まりと環境への配慮

バイオプラスチックは、環境に優しく、生分解性があるなど、多くの利点があるため、採用が増加しています。また、合成化学製品ではなく、環境に優しい製品を好む消費者が増えていることも、同市場の成長を促進する要因となっています。さらに、Coca Cola社やPepsiCo社などの飲料メーカーによる研究開発活動や投資の増加も、成長を後押しするとして期待されています。

抑制要因:製品の高コスト

バイオプラスチックは生分解性ではありますが、自然界に存在する有機物のように簡単に分解されるわけではありません。プラスチックの物理的特性と有機物の生分解性のバランスをとるために、バイオプラスチックの生産コストは高額になります。

市場機会:迅速な開発

急速な都市化・工業化に伴い、新興国ではパッケージの需要が飛躍的に伸びています。各国では、環境に優しく、先進的で、効果的なパッケージングに対する需要が高まっており、同市場の成長を後押ししています。今後数年間、新興国では政府による厳しい規制や支援により、環境に優しいパッケージングソリューションへの取り組みが進むことが期待されています。それと同時に、新興国での先進的なバイオプラスチック包装ソリューションの機会が創出されると思われます。

脅威:高い複雑性

農業由来の原料からバイオプラスチック包装材を製造するという複雑な工程は、市場拡大の障害になると予測されます。農産物由来の原材料から素材を生産するという高い複雑性が、近い将来市場の抑制要因になることが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]