偽造防止用パッケージの市場規模、2028年に3,132億3,000万米ドル到達予測

偽造防止用パッケージの市場規模は、2021年の1,060億3,000万米ドルからCAGR14.5%で成長し、2028年には3,132億3,000万米ドルに達すると予測されています。製品の偽造を防ぐために、バーコード、無線自動識別(RIF)、シリアル化などの偽造防止用パッケージソリューションや、追跡ソリューションが使用されています。この種の包装は、製薬やパーソナルケア産業で採用が進んでいます。偽造防止用パッケージとは、偽造や侵害を防ぐため、安全な包装を使用することです。対象製品には、衣類、医薬品、宝石、タバコ、電子機器、その他部品などが挙げられます。

牽引要因:製品安全規制の強化

依然として偽造品が市場に出回っているため、各国政府は偽造品に関連した厳しい規制を強化しています。このような規制は、偽造品の需要を排除しようとするもので、偽造防止用パッケージ産業に好影響を与えています。偽造品の販売により、正規メーカーが被る損失が拡大しており、ブランドの信頼性に対する懸念が、同市場の需要に対する原動力となっています。

抑制要因:高いコスト

偽造防止用パッケージの作成にはセットアップとイノベーションの費用が必要です。一方、新規参入企業や潜在顧客にとって、高額なソリューションを受け入れることは難しく、市場の成長を制限する要因となっています。さらに、バーコードやQRコードなどの既存技術の中には、複製や偽造が容易なものもあり、関連業界の拡大を制限しています。

市場機会:偽造防止ソリューションのデジタル化の進展

デジタル偽造防止キットを支持する重要な特徴は、スマートフォンを利用することで、消費者のソリューションの採用を可能にするという点です。QRコードは、アプリをダウンロードしなくてもスキャンできるという便利さを持っています。そのソリューションの必要性と重要性は日々高まっており、今後もこの傾向は続くと思われます。経済的危害、健康への脅威、オンライン詐欺、およびその他の一連の犯罪を阻止するための頼りになる手段は、デジタルの偽造防止用パッケージソリューションです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]