感染症診断の市場規模、2028年に520億3,000万米ドル到達予測

感染症診断の市場規模は、2021年の281億米ドルからCAGR 9.2%で成長し、2028年には520億3,000万米ドルに達すると予測されています。疾患診断薬は、迅速かつ正確な検査結果で疾患を確認するために使用されます。感染症の流行に伴い、診断薬の需要も拡大しています。

牽引要因:感染症流行の高まり

先進国および発展途上国における感染症の流行は、感染症診断薬市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。このような疾患の診断と管理は、感染症診断検査の処方件数の増加の原因となっており、予防医学のトレンドと並んで、今後、感染症診断薬の需要を促進することが予想されます。COVID-19の予防・制御の取り組みには、広範な集団の検査が必要です。これらの検査は、感染症診断薬によって実施され、同市場へのプラスの影響が期待されます。

抑制要因:不十分な診療報酬

不十分な診療報酬は、感染症診断薬市場の成長を抑制する大きな要因となっています。多くの診断薬メーカーが検査の商業化において直面している大きな課題は、健康保険会社に検査費用を負担してもらうことです。

市場機会:発展途上国におけるビジネスチャンス

インドや韓国などの発展途上国は、感染症診断薬市場に参入している主要企業にとって潜在的な成長機会を提供しています。これは、これらの国々における高い疾患罹患率、患者数の多さ、医療インフラの改善、可処分所得の増加、医療観光の増加などに起因していると考えられます。加えて、アジア太平洋地域は、規制やデータ要件が比較的厳しくないため、適応力がありビジネスに適したハブとして台頭しています。

脅威:貧弱な流通経路

診断キットは高価であり、メーカーは新興経済圏で事業を展開するための流通経路がまだ十分ではありません。この2つの要因が、感染症診断薬市場の急速な収益拡大を阻む要因になると予測されます。

試薬・キット・消耗品セグメントが最大シェアとなる見込み

試薬・キット・消耗品セグメントは、感染症の流行、感染症に対する人々の意識の高まり、疾患の原因となっている生物の特定のためのキットや試薬の使用増加などの要因により、2028年まで最大で推移することが予想されます。さらに、COVID-19の発生は、国家非常事態宣言や早期発見のためのキットやアッセイの必要性から、同セグメントの成長を加速させることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]