動物用医療の市場規模、2028年に657億6,000万米ドル到達予測

動物用医療の市場規模は、2021年の339億6,000万米ドルからCAGR9.9%で成長し、2028年には657億6,000万米ドルに達すると予測されています。動物用医療は、動物の病気の診断、治療、予防に関連する科学として定義され、家畜と野生動物の両方を含む動物を対象とする幅広い分野です。

牽引要因:新たな政策の導入

ペットの飼い主に対する新しい政策は、動物用医療市場の需要に影響を及ぼしています。先進国市場では、ペット保険の普及率が非常に高く、例えば米国では、そのニーズが2028年まで高いCAGRで成長することが考えられます。同様に、英国でもペット保険の普及率は20%に到っています。各種ペット保険の導入により、動物病院やクリニックへの来院者は増加傾向にあります。

抑制要因:獣医師の不足

トレーニングプログラムの減少により、獣医師の数が減少しています。未開発国の間では新技術の導入に消極的であることが、獣医師不足の原因となっています。また、政府当局は、ワクチンの承認にあたり、厳しい規制を課しており、このことが主要なプレーヤーにとって大きな課題となっています。家畜が媒介となる病原体に対して利用できないワクチンもあり、市場の成長を制限しています。

市場機会:動物病院への投資の増加

質の高いサービスにむけた動物病院への投資が、市場に成長機会をもたらしています。動物用医療に対する関心の高まりが、市場の需要を高めています。

また、動物の間で発生する健康障害は、市場のニーズを高めており、ペットの愛好家は任意のコストで最高の治療手順を求めています。家畜人口の増加も、需要の拡大を後押ししています。さらに、健康的なライフスタイルを目指して高品質の鶏肉製品を求める人々のニーズは、市場のニーズを上回る可能性があります。

脅威:原材料の入手可能性の変動

原材料の入手可能性の変動や、一部の病気に対するワクチンの入手が困難な事が、市場の需要を制限しています。さらに、抗生物質に関する規制の強化は、市場にとって大きな課題となります。それとは別に、動物実験に関連するコスト規制も、動物用医薬品市場の成長にとって大きなハードルとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]