水素化ビスフェノールA(HBPA)エポキシ樹脂の市場規模、2028年に30億3,000万米ドル到達予測

水素化ビスフェノールA(HBPA)エポキシ樹脂の市場規模は、2021年の20億1,000万米ドルからCAGR6.0%で成長し、2028年には30億3,000万米ドルに達すると予測されています。HBPAは、アルキド樹脂、エポキシ樹脂、不飽和ポリエステルの形成に使用される化学物質の一種で、耐候性を向上させ、品質を持続させるために塗料の原材料として使用されています。HBPAエポキシ樹脂は、熱安定性、初期劣化温度、剛性、柔軟性などに優れた特性を持っています。

牽引要因:電気業界からの需要増加

電気業界からの需要の増加が、HBPAエポキシ樹脂の市場成長を牽引しています。電気産業からの需要の高まりは、市場の成長を支える重要な要因であり、また、電子・電気コーティングにおけるHBPAエポキシ樹脂の多数の用途、および電子・電気コーティングと産業コーティングにおけるHBPAエポキシ樹脂の用途の増加は、HBPAエポキシ樹脂市場を牽引する主要因となっています。HBPAエポキシ樹脂は、その典型的な物理的特性から、高電圧の電気部品や機器のコーティングに使用され、その高い光沢安定性により、極度の気象条件からの保護を実現し、表面の黄変を防止しています。また、湿気や紫外線に対する耐性が高く、熱たわみに対する温度も高く、耐衝撃性や高温での寸法安定性にも優れています。HBPAエポキシ樹脂は、電気・電子産業におけるポッティングコンパウンドや封止材にも使用されています。

抑制要因:原料コストの不確実性

原料コストの変動は、主要な抑制要因であり、HBPAエポキシ樹脂市場の成長を難しくするものです。HBPAエポキシ樹脂の生産に使用される原材料のほとんどは石油由来のものであり、商品価格の変動に脆弱です。これらの原料の価格は、ここ数年非常に不安定であり、市場の成長に影響を与えています。

市場機会:産業界における巨人たちの存在

新興国における自動車分野やエネルギー分野の産業大手の存在は、HBPAエポキシ樹脂市場にプラスの影響を与えています。例えば、電気自動車大手のテスラの存在と、電気自動車をより快適で効率的にするための急速な進歩は、HBPAエポキシ樹脂市場の成長の推進要因の1つとなっています。スペースXの存在とロケットの工業生産に向けた急速な発展は、HBPAエポキシ樹脂の需要を後押ししており、樹脂の耐熱性と電気絶縁特性により、宇宙船の生産にその用途を見つけることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]