データセンター液体冷却の市場規模、2028年に71億2,000万米ドル到達予測

データセンター液体冷却の市場規模は、2021年の18億2,000万米ドルからCAGR 21.5%で成長し、2028年には71億2,000万米ドルに達すると予測されています。データセンターの液体冷却は、液体浸漬技術の原理で動作する方法です。データセンターでは、より多くの電力を必要とするため、より多くの熱が発生します。この熱を冷却するために、データセンター液体冷却ソリューションが使用されます。多くのデータセンターでは、液体冷却ソリューションは、液体をCRAC(Computer Room Air Conditioning)またはCRAH(Computer Room Air Handler)ユニットに導入し、データセンター内の空気を冷却します。高い熱エネルギーを均一かつ積極的に冷却することが、データセンターの液体冷却市場の成長を後押しする大きな要因となっています。

牽引要因:エネルギー効率に優れたデータセンターへのニーズ

データセンターにおけるエネルギー消費の30%から60%は冷却システムが占めており、事業者は効率を維持するために、高度な冷却技術の導入に注力しています。米国のデータセンター向け液体冷却市場は、高密度データセンターにおける二酸化炭素排出量の削減に関する規制により、2027年まで17%の成長率で拡大すると予測されています。例えば、米国政府による連邦エネルギー管理プログラム(FEMP)は、専門家センター(CoE)を通じて、データセンターのエネルギー効率を改善するよう組織や機関に働きかけています。

抑制要因:高い設備投資とメンテナンスコスト

冷却システムの導入を検討しているデータセンター事業者にとって、適応性は大きな課題となっています。データセンターは複雑で、膨大な数のサーバーが配置され、量、タイミング、場所の不確実性を伴います。このような高密度な条件下での冷却は非常に困難で、多くの無駄なコストを伴います。一般的なデータセンターの冷却システムは、標準化され、事前に設計され、モジュール化する必要があります。また、データセンターのニーズに合わせて拡張性と柔軟性を持たせる必要があります。コスト削減を目指す企業は、ハイエンドなカスタマイズ冷却システムにあまり費用をかけたくないため、このことは面倒な作業となります。企業は、現在の冷却システムが将来のサーバー負荷に耐えられるかどうか、確信が持てません。このため、新しい冷却システムへの投資に消極的な企業が増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]