産業用ろ過の市場規模、2028年に486億4,000万米ドル到達予測

産業用ろ過の市場規模は、2021年の271億2,000万米ドルからCAGR8.7%で成長し、2028年には486億4,000万米ドルに達すると予測されています。産業用ろ過は、多様な産業用オイル、ガス、潤滑油、水を洗浄・処理するプロセスで、機械、人命、環境を有害物質から保護することを目的とします。また、特定の作業、システムの特性、および動作条件に合わせて設計されており、製紙業界、発電所、自動車業界など、さまざまな産業分野で使用されています。

牽引要因:厳しい規制の施行

環境問題の高まりから厳しい規制が実施され、空気や液体のろ過装置の設置が義務付けられています。産業用ろ過装置の使用を支えている、排出レベルに関する政府の厳しい規制は、世界レベルで市場を牽引しています。例えば、2018年4月、カナダは、2025年までにメタン排出量を2012年の基準値から最大40~45%削減する規制を導入しました。また、上流の石油・ガス事業から発生するガス抜きやフレアリングに対処するための、各国政府による施策は、空気ろ過や活性炭ベースのフィルターの採用を後押ししています。

抑制要因:重い設備と高いコスト

産業用ろ過システムは、セルフクリーニングができず、廃棄物粒子が詰まると連続作業に対応できないため、メンテナンスが困難になります。高い資本コストとメンテナンスコストが、産業用ろ過機市場の成長を妨げています。しかし、従来のフィルターを高度な機能を持つフィルターに置き換えることで、今後の産業用フィルターに市場機会を提供することになります。

市場機会:急速な工業化と資金調達の増加

2019年には、産業用ろ過装置を開発するナノテクノロジーのスタートアップであるNanoclean Global Pvt Ltdが60万米ドルの資金を調達しました。同年、英国の工業用フィルターメーカーであるVolz Filtersは、新製品の開発と事業強化のために65万米ドルの資金を確保しました。このほかにも、高度な機能を持つ産業用フィルターの開発など、多くの研究開発活動が行われています。

脅威:工業用フィルターの製造工程における高いエネルギー使用量

産業用ろ過の市場成長における課題は、ろ過プロセスにおけるエネルギーの使用量です。限外ろ過や遠心ろ過などの工程は、加工産業で使用されるエネルギーの大部分を占めており、このことが、市場成長を制限することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]