人工芝の市場規模、2028年に111億6,000万米ドル到達予測

人工芝の市場規模は、2021年の61億8,000万米ドルからCAGR8.8%で成長し、2028年には111億6,000万米ドルに達すると予測されています。人工芝は、本物の芝生のように見える人工合成繊維で構成されており、緑色で、毛足の長さが異なるものがあります。カーペットと同じように製造され、固形のバッキングの上にブレードを機械で縫い付けます。

牽引要因:スポーツフィールドや施設の改修

スポーツフィールドや施設の改修は、人工芝市場の成長に多大な影響を与えると思われます。高校、大学、プロスポーツチーム、自治体、大手ホテルなどで、人工芝の美しさや機能性を好む人が増えています。

抑制要因:人工芝のリサイクル問題

人工芝のリサイクルに関する懸念は、人工芝市場の成長を制限する主な要因となっています。

市場機会:新技術の利用

天然芝の劣化や天候による影響を受けることで、人工芝の導入が増加しています。人工芝はメンテナンス性に優れ、長年にわたって色や弾力を保つことができます。また、現在生産されている人工芝の多くは、枯れ草を模した茶色の葺石を織り込んでおり、自然な風合いを醸し出しています。このように、人工芝は新しい技術によって、リアルな外観を実現することができるようになりました。

ナイロンセグメントが最大予測

ナイロンベースの人工芝は剛性が高く、極端な運動用途や人の往来の激しい場所でも元の形状を保つことができます。また、高温に強く、溶ける心配もありません。

コンタクトスポーツセグメントのCAGRが最高で成長予測

世界各国におけるサッカー場の増加、インドでのホッケー場への投資、米国におけるアメリカンフットボールの人気上昇などの要因により、コンタクトスポーツセグメントが最大市場となることが推定されます。

最大シェアの地域。

人工芝産業の成熟度と大手企業の存在により、欧州が最大の市場シェアを占めると予測されます。スポーツ選手の安全性への配慮から人工芝の研究開発活動が活発化しており、人工芝施設の整備に対する政府の支援、サッカーを中心としたスポーツ振興のためのインフラ整備などが、同地域の市場を牽引すると思われます。

最高CAGRで成長する地域

アジア太平洋地域は、海外多国籍企業の投資による建設が増加していることから、最も高いCAGRが予測される地域です。観光業や接客業の発展が、商業用途での同製品の消費を促進する要因となっています。また、商業的な遊び場のための建設と急速な都市化は、同地域の成長を支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]