ブラシレスDCモーターの市場規模、2028年に229億3,000万米ドル到達予測

ブラシレスDCモーターの市場規模は、2021年の107億米ドルからCAGR11.5%で成長し、2028年には229億3,000万米ドルに達すると予測されています。ブラシレスDC(BLDC)モーターは、電子整流モーター(ECM)と呼ばれ、インバーターまたはスイッチング電源を使って直流(DC)を動力源としています。この直流電流をクローズドループコントローラーで交流電流に変換し、モーターを駆動します。BLDCモーターは、ステーター、センサー、ローター、永久磁石で構成され、ブラシ付きモーターと比較して、高出力、高速、電子制御が可能です。また、最大限の回転力を発揮する一方で、耐久性があり、騒音やエネルギー消費量も少なく、自動車、電子機器、産業機械、ヘルスケア産業、航空産業などで広く採用されています。

牽引要因:HVACシステムへの需要の高まり

HVACシステムへの需要は、技術的に高度な製品が導入されたことで、ビルや家庭、さらに自動車部門で増加しています。これらの製品はエネルギー効率に優れ、リモートアクセスも可能です。スマートフォンのアプリケーションのような技術で、所有者やビル管理者は、一か所の操作で、換気プロセス全体を制御することができます。また、ビッグデータと解析技術を活用することで、建物や環境の高精度な測定が可能となり、効率的な空調システムを可能にします。住宅や非住宅の建設が増加し、HVAC機器の設置が大幅に増加しており、建設業界におけるHVACシステムの導入により、市場の需要も拡大することが予想されます。

抑制要因:システムの高コスト

スムーズな動作を確保するためには、電気制御装置を必要とするため、コストが高くなります。ブラシレスDCモーターのコスト高とコントローラーの必要性が、市場の成長を一定程度抑制する要因となっています。

市場機会:電気自動車需要の増加

電気自動車市場は、自動車産業の継続的な発展や、補助金、助成金、税制優遇などの政府のサポートにより、急速な発展を遂げています。電気自動車は様々な種類の燃料を使用するため、自動車用バルブ市場を牽引しています。電池のコストを下げ、充電速度を向上させ、電気自動車利用のための政府の支援を得ることで、ブラシレスDCモーター市場は、新たな機会を得ることができます。

脅威:低品質なブラシレスDCモーターの存在

産業界のバイヤーをターゲットとした、組織化された市場セクターは、優れた製品品質を維持しています。一方、未組織のセクターは、ローカル市場をターゲットとして低コストの代替品を提供しています。大手メーカーは、安価で低品質な製品を供給するこうした未組織メーカーとの激しい競争にさらされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]