産業用無停電電源装置の市場規模、2028年に14億米ドル到達予測

産業用無停電電源装置(UPS)の市場規模は、2021年の8億4,000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2028年には14億米ドルに達すると予測されています。産業用無停電電源装置は、入力電源が故障したときに瞬時に電気を供給するシステムで、継続的な電力供給を保証し、電源エネルギーはバッテリーに蓄積されます。

牽引要因:信頼性の高い電源ソリューションに対する需要の高まり

住宅や商業施設におけるUPSの需要の高まりは、同市場の成長を高めています。中国、インド、日本などの発展途上国が大規模な産業インフレに直面しているため、信頼性の高い電源ソリューションの需要は、UPS市場の成長を後押ししています。さらに、さまざまな部門から電力ダウンタイムゼロへの要求が高まっていることも、市場成長の原動力になっています。IT分野における、UPSシステムの需要は高まっており、製造工程でマイクロプロセッサやPCベースのシステムが採用されていることから、電力障害に敏感になっています。数秒間の停電は、産業プロセスを混乱させ、大きな財務的損失を引き起こす可能性があります。それゆえ、セクターを問わず、ほとんどの企業が優れたUPSとモジュラーUPSシステムを採用し始めています。産業、商業、住宅、医療などのエンドユーザー産業の増加は、UPS市場の成長に影響を及ぼしています。

抑制要因:システムの高コスト

UPSは導入コストが高く、メンテナンスにもコストがかかることが、市場の課題となっています。オンラインUPSシステムの導入にかかる費用や、無停電電源装置で動作する重電の保護が不足していることが、市場全体の成長を妨げています。また、バッテリーの定期的な交換や、高出力機器の急増に伴う素子や技術の更新が、市場成長の主な障害となっています。

市場機会:IOT技術の受け入れの拡大

IoT技術の採用が進み、先進国がスマートシティの開発に投資を進めていることが、UPS市場の成長に影響を与えています。より高い動作温度と高速充電容量に起因する課題に対処するために、鉛酸電池をリチウムイオン電池に置き換えるなど、関連産業の進歩は、UPSの市場価値を高めています。

脅威:電力不足

無停電電源装置市場が直面する最も一般的な脅威は電力不足です。UPSシステムベンダーは、電力不足に関連する問題にしばしば直面し、業務に影響を及ぼしています。また、電圧サージの問題もUPSシステムにおける脅威の1つです。電圧のスパイクまたはサグは、UPS システムを使用している機械に害を及ぼす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]