エネルギー管理システムの市場規模、2028年に2,881億米ドル到達予測

エネルギー管理システム(EMS)の市場規模は、2021年の767億5,000万米ドルからCAGR20.8%で成長し、2028年には2,881億米ドルに達すると予測されています。エネルギー管理システムは、エネルギー消費の監視、評価、可視化を通じて、エネルギー使用に関する情報をリアルタイムに収集できるようにする新技術です。EMSは、競争優位性の獲得、生産性の向上、エネルギーコストの削減に貢献するため、需要が高まっており、政府の省エネルギー政策や化石燃料の枯渇も、市場関係者の関心を集める要因となっています。

牽引要因:業界ガイドラインの存在

すべての資源集約型産業は、大量の原料、水、エネルギー資源を利用するため、大量の固形廃棄物、排水、排出物を発生させます。これらの産業は、多くの場合、工場レベルの地理的なコンプライアンスに加え、多くのグローバルおよびローカルな規制の対象となっています。これらの厳しい規制に対応するため、企業はエネルギー管理ソリューションを導入し、製品ライフサイクル評価、二酸化炭素とエネルギーの排出量分析、持続可能で環境に優しいサプライチェーンを確保するためのプロセス考案など、さまざまな方法を用いてこれらの要件に対応しています。環境とエネルギーの持続可能性が世界的な関心事となる中、エネルギー管理システムをメーカーとの関係を決定する重要な要素と考える投資家、顧客、サプライヤーの数が急増しています。

抑制要因:高額な初期投資

エネルギー管理システムは、導入の初期コストが高く、多くの企業は資金的な余裕がありません。これらの要因は、今後のエネルギー管理システム市場にマイナスの影響を与える可能性があります。

市場機会:継続的な技術的進歩

継続的な技術の進歩と、エネルギー効率の向上を目的とした有利なインセンティブプログラムは、今後の市場の成長を促進するものと考えられます。さらに、経済的なシステム価格の実現により、スマートエネルギーユニットの採用が拡大していることも、製品展開を強化する要因となっています。

脅威:初期データ収集の構造化

エネルギーマネジメントの最初のステップは、データ収集です。この収集したデータから有用な結論を得るためには、データを構造化する必要があります。一方、大量のデータを構造化することは専門家にとって大きな課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]