産業用マシンビジョンの市場規模、2028年に605億6,000万米ドル到達予測

産業用マシンビジョンの市場規模は、2021年の275億7,000万米ドルからCAGR11.9%で成長し、2028年には605億6,000万米ドルに達すると予測されています。マシンビジョンシステムは、人間の視覚感覚や判断力をビデオカメラとコンピュータで代替し、検査作業を行うものです。特定の部品や活動の制御や評価に必要なデータを得るために、画像を自動的に取得・分析することが可能で、プロジェクトの詳細、要件、およびソリューションで構成されています。これには、画像をキャプチャして処理するために操作デバイスを導く、様々なソフトウェアとハードウェアのグループ化が含まれています。

牽引要因:品質検査と自動化のニーズの高まり

COVID-19以降、世界の製造業は自動化への投資を拡大し続けています。また、製造工程における品質保証の重要性が認識されたことでも、自動化のニーズが高まっています。さらに、COVID-19の発生により、人間の介入を減らすプロセスへの需要が、自動化のニーズを高めており、マシンビジョンが広く受け入れられるようになりました。自動化された生産工程でマシンビジョンを使用することで、短時間で問題を特定することができ、コスト削減と応答時間の短縮につながります。また、欠陥のある商品を認識することで、返品リスクを軽減し、顧客満足度を高めることにもつながっています。生産ライン上のすべての製品が平等に検査されるようになったことで、品質保証におけるマシンビジョンの必要性は高まっています。

抑制要因:産業用機械ロボットやデバイスへのサイバー攻撃の懸念

産業用機械ロボットや機器に対する、サイバー攻撃のリスクは一層高まっています。IoT(Internet of Things)機器を調査するためのスキャナーを使えば、簡単にハッキングを可能にし、工場出荷時と変わらないユーザー名やパスワードは、リバースエンジニアリングによって特定することが可能です。AI組み込み機器の接続性やIoT機器への依存が高まることで、サイバー攻撃への脆弱性が高まります。メーカーは、AIマシンビジョンと自動化の利点を活用することができる一方で、サイバーヘルスの基本にも目を配る必要があります。サイバー保護には、最新のソフトウェアやパッチをダウンロードしてインストールし、サイバーセキュリティのための最新の注意事項をスタッフに教育する必要があります。

市場機会:ビジョン誘導型ロボットシステムに対する需要の高まり

ビジョン誘導型ロボットシステムは、産業用マシンビジョン市場に大きな変化をもたらしています。自動車や家電の分野では、自動化のために産業用ロボットを使用するケースが急増しており、マシンビジョンシステムとビジョンガイドロボットコントローラーを統合するニーズが高まっています。マシンビジョンシステムは、ロボットが環境を見て対応できるようにすることで、ロボットの効率を向上させます。例えば、1つの生産ラインで異なる車種を組み立てる場合、ビジョン誘導型ロボットシステムは、与えられた状況を識別し、自動車の適切な組み立てを保証することができます。また、ロボットが接着剤のビーディングを塗布する場合、マシンビジョンシステムにより隙間がないことを確認することができます。ビジョンロボットなら、防護柵がなくても、人間と並んで作業することができ、安全に衝突を回避することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]