食品保存料の市場規模、2028年に43億2,000万米ドル到達予測

食品保存料の市場規模は、2021年の30億7,000万米ドルからCAGR5.0%で成長し、2028年には43億2,000万米ドルに達すると予測されています。食品保存料は、バクテリア、微生物、および酸化などの有害作用の成長を制限するために、その生産加工中に食品に添加される特殊な化学成分または抽出物と定義されます。これらの物質の添加は、製品の保存期間を向上させ、鮮度を保持し、より長い期間消費できるようにするのに役立ちます。

牽引要因:食品需要の増加

労働時間の増加により、消費者のライフスタイルが変化し、食習慣も変化しています。その結果、消費に便利で賞味期限が長い食品が求められるようになり、食品・飲料業界における、食品保存料の重要性が増しています。保存期間を延長した食品に対する需要の高まりは、食品加工業界に大きな影響を及ぼしています。一般に、その保存効果は十分に証明されており、食品の提供方法、競争力のある価格、食品への付加価値を向上させています。

抑制要因:天然保存料の入手困難性

合成保存料よりも天然保存料が好まれる傾向があり、このことは、食品・飲料業界の保存料ユーザーにとっての課題となっています。バイヤーは、人工保存料を使用した食品よりも天然食品の方が健康的であるとしています。米国のチーズ産業は、消費者がより高品質な食品を求める中、非加工チーズが成長を牽引しています。食品業界では、富裕層の消費者が職人技の光る、手作りの、少量生産の食品を求めており、合成保存料を使用したプロセスチーズよりも豊かな風味を持つ非加工チーズが好まれる傾向があります。

市場機会:機能性飲料の需要拡大

飲料業界の活況により、保存料を含む原材料の消費が大きく伸びており、市場成長を促進する要因となっています。野菜、果物、植物などの健康的な成分を含む栄養補助飲料や製品への需要の高まりと、乳飲料の需要増が、機能性飲料の需要を後押ししており、その増加に伴い、天然保存料の市場も勢いを増しています。メーカーは、製品のフォーミュレーションに有機的な保存料を組み込むことで、イノベーションに取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]