スマートポートの市場規模、2028年に78億4,000万米ドル到達予測

スマートポートの市場規模は、2021年の17億4,000万米ドルからCAGR24.0%で成長し、2028年には78億4,000万米ドルに達すると予測されています。スマートポートは、ビッグデータ、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、その他のスマートテクノロジーに基づく手法を使用して、パフォーマンスと経済競争力を向上させる自動化された海上施設で、デジタル化されたインフラで構成され、人為的な混乱の少なさ、優れた意思決定、予測可能なパフォーマンス、運用コストの低減など、幅広いメリットを提供します。また、自動化プロセスによって作成されたフローにより、従来のポートよりもスムーズな機能を実現します。

牽引要因:インダストリー4.0への傾倒の高まり

インダストリー4.0またはスマートマニュファクチャリングは、物理的な製造とオペレーションをスマートデジタル技術、機械学習、ビッグデータと統合し、より包括的で接続されたエコシステムを構築します。IoT、クラウド、人工知能、ブロックチェーンなどの技術を活用し、港湾内にサイバーフィジカルネットワークを構築し、リアルタイムデータをさまざまな関係者に流すとともに、予測モデリングのためのデータを収集します。リアルタイムのデータ交換により、スムーズな交通の流れが可能になり、その結果、港の処理能力を高め、効率を上げることができます。人工知能やIoTなどの新技術の助けを借りて、港のデジタルツインモデルを作成するのに役立つデータを取得し、メンテナンスが必要になる時期をより正確に把握し、コストの削減や機械故障によるダウンタイムの低減を可能にします。デジタルツインは、港湾の3次元地図であり、港湾当局が港湾内で行われる活動をより正確に管理・予測するのに役立ちます。

抑制要因:高額な初期投資

港湾への投資額は今後数年間で大幅に増加することが予想されます。港湾局が直面する課題は、社会的・経済的には必要不可欠でありながら、財政的には魅力に乏しいプロジェクトを実施することです。

また、多くの港は、インフラに投資するために政府、民間資金、パートナーシップなどの外部機関の支援を受けなければなりません。その結果、新しい港の開発や既存の港のインフラのアップグレードには、単に容量を増やすだけでなく、港湾当局によるスマートテクノロジーへの大規模な投資も必要となります。これは基本的な投資を超えるものであり、港湾当局は必要な追加投資に対応できていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]