神経血管デバイスの市場規模、2028年に45億6,000万米ドル到達予測

神経血管デバイスの市場規模は、2021年の24億1,000万米ドルからCAGR9.5%で成長し、2028年には45億6,000万米ドルに達すると予測されています。神経デバイスおよび介入神経学は、首、脳、脊椎の最も複雑で危険な疾患の治療のために、画像誘導の技術を使用する低侵襲な非外科的な専門分野です。脳血管内装置は、脳動脈瘤、動静脈奇形(AVM)などの神経血管疾患の治療に際し、ニチノール、コバルト、プラチナなどを使用し、動脈瘤の修復や虚血性脳卒中の予防に特化した器具です。

牽引要因:医薬品分野における研究開発活動の活発化

てんかん、脳卒中、脳動脈瘤など神経血管疾患の患者数の増加や、対象患者の出血や局所感染などの病状の重篤化に伴い、米国、ドイツ、日本、中国、インドなどの主要市場において、神経血管治療に対する需要が高まっています。脳神経外科医や医療専門家は、患者の神経血管疾患の致命的リスクや重症度を効果的に低減できる代替治療法への関心を高めています。例えば、脳動脈瘤はよく見られる神経血管障害で、出血や永続的な神経障害など、大きなリスクを伴います。

抑制要因:高額な手術費用

神経血管外科手術やデバイスの費用が高いことは、特に償還政策が不十分な発展途上国において、同市場を抑制する要因となっています。また、メンテナンス費用やその他の関連する間接費用が、これらの機器の総所有コストを増加させています。小規模な病院や独立したASCは、予算の制約から高価な技術への投資に消極的であり、発展途上国でより顕著になっています。その結果、医療施設は技術的に高度なシステムへの投資に消極的になり、神経血管系機器の導入は限定的なものとなっています。コストが高く、償還条件も悪いため、発展途上国で神経学的治療を受けられる患者は非常に限られています。

市場機会:老年人口の増加

高齢者は神経・血管系疾患にかかりやすく、診断が容易で手技が簡単、安全性が高く、入院期間が短く、効果が高く、価格が手頃な治療法が好まれます。低侵襲医療は、従来の外科手術に比べて、入院期間の短縮、患者の早期回復、手術の安全性と効果の向上、手頃な価格など、臨床的に大きな利点があります。そのため、内視鏡手術やその他の低侵襲手術に対する市場の需要は、世界中の医療関係者の間で拡大しています。さらに、高齢化により、肺塞栓症、脳卒中、てんかんなどの血栓事象の発生率が高まり、脳神経外科的な介入が必要となる場合があります。同時に、動静脈奇形も出血や発作の原因となり、40歳以上の人の間で頻繁に報告されています(出典:Medscape)。このように、高齢者人口の増加と低侵襲手術の需要は、市場成長の機会を提供すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]