不眠症の市場規模、2028年に7億8,074万米ドル到達予測

不眠症の市場規模は、2021年の51億2,404万米ドルからCAGR6.2%で成長し、2028年には78億744万米ドルに達すると予測されています。不眠症は、睡眠困難によって特徴付けられる一般的な睡眠障害で、単独で発症すること、および、他の精神疾患と合併して発症することがあります。不眠症の正確な原因はまだわかっておらず、女性に多く、産後、更年期、妊娠などの状況下で重症度が増すことがあります。不眠症は、睡眠研究所でさまざまな装置を用いて診断することができます。

牽引要因:職場におけるストレスの増加

現在、従業員は労働環境で多くのストレスを抱えており、さらなる緊張、絶えることのない悩み、睡眠不足を引き起こしています。また、不眠症に悩む患者の間では、OTC医薬品への需要があることも分かっています。緊張やストレスなど様々な理由から不眠症の発生率が高まっていることが、同市場の成長の要因となっています。

抑制要因:臨床トレーニングの欠如

現在の医療カリキュラムでは、綿密な臨床トレーニングが行われていないため、患者の診断が遅れ、誤診や不適切な治療が行われることがあります。医療専門家による不眠症のスクリーニングが進めば、病気への理解が一般に広く知られるようになると思われます。

市場機会:新技術の開発

新技術の開発や医療機器の導入は、同市場の成長を後押しすると予想されます。市場において重要な役割を担っているのは、大手市場関係者です。例えば、エーザイ社は、自社創製のオレキシン受容体拮抗剤DAYVIGO(lemborexant)CIVを、入眠障害や睡眠維持障害を特徴とする成人の不眠症治療薬として米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得し、米国で発売しています。

脅威:厳しい条件

不眠症の薬は、モルヒネなどと同様に、特殊なケースや厳しい条件下でなければ医師から処方されません。これらの処方は、流通・保管のライセンスが法律により厳しく決められており、市場の成長の脅威となっています。

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系は、鎮静剤の一種で、体や脳の機能を鈍らせる作用があります。ベンゾジアゼピン系は中枢神経系抑制剤の一種で、穏やかな気分(抗不安症)、眠気、睡眠を誘発します。中枢神経系に存在する様々なGABA受容体において、抑制性神経伝達物質であるGABAとの結合を促進することにより作用します。

市販薬セグメントが最高のCAGRを示す

市販の睡眠導入剤市場は、今後大きな成長を遂げると考えられます。同市場の成長には、入手の容易さ、低価格、処方箋による睡眠導入剤の副作用が、その要因として挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]