先進バイオ燃料の市場規模、2028年に3,995億6,000万米ドル到達予測

先進バイオ燃料の市場規模は、2021年の452億5,000万米ドルからCAGR36.5%で成長し、2028年には3,995億6,000万米ドルに達すると予測されています。先進バイオ燃料は、農業、自治体、廃棄物など、さまざまな種類のバイオマスから得られる燃料で、第二世代バイオ燃料とも呼ばれます。また、バイオマス、非デンプン性糖類、農業残渣を含む木質/リグノセルロース系作物から生産され、バイオガス、植物油、バイオアルコールなど、第1世代のバイオ燃料が持つ凍結条件や環境への悪影響を克服し、より環境に優しく、持続的な供給めざして設計されています。

牽引要因:環境およびエネルギー安全保障への懸念

燃料市場の不確実性、エネルギー安全保障、二酸化炭素排出量削減などが世界各国で問題となり、代替燃料への関心が高まっています。先進バイオ燃料は再生可能なエネルギー源であり、二酸化炭素排出量を劇的に削減し、商機をもたらすため、その生産への関心が高まっています。研究開発の活発化により、先進バイオ燃料の大規模商業化への道が徐々に開かれつつあります。

抑制要因:原油価格の下落

先進バイオ燃料は従来の燃料に比べて環境面で優れています。しかし、原油価格の下落は、同市場の成長の抑制要因となる可能性があります。また、従来の燃料に比べて加工・運用コストが高く、従来型の代替品としては高価です。

市場機会:原料の入手の容易さ

先進バイオ燃料は、持続可能でクリーンな燃料源であることから、市場の潜在力を高めることが期待されています。また、使用される原材料が非食品や廃棄物であることから入手が容易で、先進バイオ燃料市場の推進力となっています。また、先進バイオ燃料の生産技術開発を支援する政府の優遇措置も、市場を牽引するものと思われます。

脅威:先進バイオ燃料の原料の加工技術

先進バイオ燃料市場は、初期段階にあり、その生産に用いられる技術は、従来の燃料に比べて非効率です。原料の調達コストも高額で、加工技術も簡単ではありません。先進バイオ燃料は商業的に生産されているものの、今後、より効率的で持続可能な処理が必要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]