ワークフォースアナリティクスの市場規模、2028年に3億1,392万米ドル到達予測

ワークフォースアナリティクスの市場規模は、2021年の1億2,740万米ドルからCAGR17.3%で成長し、2028年には3億1,392万米ドルに達すると予測されています。ワークフォースアナリティクスは、ワークフォースやその他の従業員関連の行動分析を強化するための統計ツールで、ビッグデータ解析と統計手法により業務や人的資源の管理を維持・測定するものです。

牽引要因:大企業におけるワークフォースアナリティクスの需要

柔軟性、スピード、イノベーションの要求から、企業は現在、ワークフォースアナリティクスを含む高度なピープルアナリティクス管理システムに、より重点を置くようになっています。また、製品に組み込まれる革新的なアイデアの数を増やすために、さまざまな部門間のコラボレーションの向上に期待しています。これらの要件がワークフォースアナリティクスの採用のきっかけとなり、市場の成長機会が生み出されています。例えば、Googleは人材とフィールドサービス管理活動にHRアナリティクスを活用しています。

抑制要因:高額な導入コスト

導入コストが高く、情報が不足しているため、中小企業ではワークフォースアナリティクスが利用されていない可能性があります。また、AI導入などの進化は、さらにコストを上乗せし、ワークフォースアナリティクスをより高価なものにしています。これらの問題が小規模企業のワークフォースアナリティクス導入を制限し、市場成長を抑制する可能性があります。

市場機会:人事部門における利用拡大

ワークフォースアナリティクスは、従業員の効果的な関与、疑問の明確化、パフォーマンスの不安への対処など、パフォーマンスデータの監視に使用されています。ProjectOxygenは、社内データを分析し、アクティブマネジャーの行動を定量化しました。そして、8つの行動を統合した管理研修プログラムを開発し、マネジメントの質を向上させました。

脅威:認識不足

さまざまなソースからの既存データの結合、分析スキルの不足、データプライバシーに関する懸念、製品情報不足によるコンプライアンスなどが、市場の成長を脅かしています。ワークフォース分析ツールに関する知識の欠如、従来の手法を変えることへの抵抗などが、市場成長の妨げになる可能性があります。また、分析スキルの不足、異なるソースからのデータ統合、データプライバシーに関する懸念なども、市場に影響を及ぼすと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]