脱酸素剤の市場規模、2028年に32億4,000万米ドル到達予測

脱酸素剤の市場規模は、2021年の19億3,000万米ドルからCAGR7.7%で成長し、2028年には32億4,000万米ドルに達すると予測されています。脱酸素剤は、パッケージやボイラーシステムの給水から酸素を削減または除去するために使用され、劣化反応を防止し、製品およびプロセスの動作能力を向上させます。特に包装用途に使用される脱酸素剤は、アクティブパッケージングのカテゴリーに属しており、食品・飲料や医薬品などの分野で使用される環境変化に対応した包装です。この製品は、酸素の悪影響を最小限に抑え、包装された製品の保存期間を延長するのに役立ちます。ボイラーでは、脱気装置と組み合わせて、残留酸素の除去と腐食の抑制に使用されます。さらに、石油・ガス生産、美術品の保存や電子部品のはんだ付け性などにも使用されています。

牽引要因:新鮮で高品質なパッケージ食品に対する需要

脱酸素剤は、密閉された包装内の酸素を吸収し、カビの発生、変色、腐敗、栄養価の損失、製品全体の品質低下を防止するために使用されます。この性質は、食品本来の品質を維持し賞味期限を延長させます。脱酸素剤は、好気性病原体や食品腐敗菌の繁殖、多価不飽和脂肪酸や油の劣化や腐敗、ビタミンA、C、Eの酸化を防ぎ、果物や一部の野菜の非酵素的な褐変を遅らせます。脱酸素剤の使用は、製品をより健康的にしています。

抑制要因:脱酸素剤の不揮発性

脱酸素剤は、産業分野においても、高価なボイラー設備の腐食を抑制するために高い効果を発揮しています。水処理用途の脱酸素剤としては、亜硫酸塩や重亜硫酸塩が最も広く使用されています。しかし、これらの脱酸素剤は不揮発性であり、蒸気とともにボイラーから排出されることはありません。また、脱酸素剤には溶存固形物を添加するため、水の導電率に影響を与えます。ボイラー水の化学的性質を維持するためには、ブローダウンによって不純物を除去する必要があり、この事が市場の成長を抑制する要因の一つとなっています。

市場機会:包装食品への需要の高まり

脱酸素剤は、食品・飲料や医薬品の包装に広く使用されており、包装内の酸素を減らすために使用することで、食品の味、色、香り、栄養を維持し、製品の保存期間を延長します。消費者は、ライフスタイルの変化、可処分所得の増加、利便性のために、より多くのパッケージ食品を選択するようになっています。労働人口の増加、夫婦共働き、外出の多い専門職、在宅勤務、核家族化などの要因が、包装食品の需要を押し上げ、脱酸素剤の需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]