バーコードスキャナーの市場規模、2028年に133億米ドル到達予測

バーコードスキャナーの市場規模は、2021年の70億米ドルからCAGR9.6%で成長し、2028年には133億米ドルに達すると予測されています。バーコードスキャナーは、POSスキャナーやプライススキャナとしても知られており、バーコードからデータを取得し読み取る装置です。スキャナーは、光源、レンズ、光信号を電気信号に変換する光センサーで構成されており、バーコードに光線を照射し、反射して戻ってきた光量を測定します。バーコード上の黒い棒は、棒と棒の間の白い部分よりも光が反射しにくく、光エネルギーは最終的にスキャナーで電気エネルギーに変換され、デコーダでデータに変換され、コンピューターに転送されます。

牽引要因:リモートソリューションに対する需要の高まり

リモートソリューションに対する産業界の要求が高まっていることが、バーコードスキャナー市場の活性化につながっています。また、多国籍の物流サービスプロバイダーが増加していることも、同市場を牽引する要因となっています。さらに、今後数年間で、ほとんどの店舗は、バーコードスキャナーが提供する有効性と操作の効率性により、ミスのない在庫の把握や、時間の短縮を実現し、市場に潜在的な成長を与えます。また、世界的ショッピングモールやスーパーマーケットの増加は、市場成長につながります。

抑制要因:認知度の欠如

店主のバーコードスキャナーに対する認識不足が、市場の成長を抑制する主な原因となっています。

市場機会:研究開発活動の活発化

メーカーは効果的な小売店やサプライヤーのチャネル形成に注力しています。エンドユーザーによるバーコードスキャナーへのニーズに応えるべく、革新的で高度な製品のためのR&D活動が、主要プレーヤーによって実施されています。

脅威:高いコスト要件

バーコードスキャナーの導入にかかる高いコスト要件は、今後の市場にとって大きな脅威となります。

小売・商業セグメントが最大となる見込み

バーコードスキャナーの使用は、小売業や製造業で急速に拡大しています。バーコードスキャナーは、商品情報を取得するための最適なソリューションの一つとなっており、世界中の小売業者は、供給品や商品を手間なく記録するためにバーコードを使用しています。ラベルに印刷されたバーコードは、商品に貼られ、商品数、製造日、小売店に商品が供給された日、販売価格などの情報を記録するのに役立っています。これらの商品をスキャンすると、その情報が取り出され、モニタリングされます。数秒で完了するこの工程は、作業効率を上げるだけでなく、ミスを最小限に抑えることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]