局所的ドラッグデリバリー市場、2028年に1,781億5,000万米ドル到達予測

局所的ドラッグデリバリー市場は、2021年の1,012億9,000万米ドルからCAGR8.4%で成長し、2028年には1,781億5,000万米ドルに達すると予測されています。局所ドラッグデリバリーとは、体内の皮膚、粘膜、空洞などの局所的な経路から薬剤を送達することを指します。薬物の初回通過効果を避けるため、あるいは部位特異的に作用させるために、局所的に適用されます。局所投与には、部位特異性、薬物濃度のばらつきの排除、セルフメディケーションへの適合性、コンプライアンス向上などの利点があります。

牽引要因:皮膚疾患の蔓延

にきび、乾癬、湿疹などの皮膚疾患や感染症の増加、火傷など軽度の皮膚損傷の発生率の上昇、セルフメディケーションの増加、抗アクネおよび抗菌クリームやジェルなどの皮膚科学製品への消費支出の増加は、局所ドラッグデリバリー市場の推進要因として予想されます。局所ドラッグデリバリーは、多くの皮膚疾患に対する治療として、今後数年間需要が高まると予想されます。

抑制要因:ドラッグデリバリーの代替手段

患者やエンドユーザーが利用できる代替的なドラッグデリバリーモードがいくつか存在します。これらの代替手段が外用ドラッグデリバリーよりも優れていることが、同市場の成長の抑制要因となっています。中でも経口投与は、使いやすく、便利で、費用対効果が高く、安全で、受け入れられやすいため、最も好まれます。さらに、経口投与される薬剤は保存に便利であり、携帯可能で経済的、非侵襲的、かつ安全です。

市場機会:経皮投与による生物学的製剤の送達

経皮投与による生物製剤の送達は、局所ドラッグデリバリー市場における新たなトレンドの一つです。筋肉内、皮下、静脈内投与に代わる高分子の経皮投与は、痛みのないドラッグデリバリーや費用対効果の高い治療など、患者に大きな利益をもたらすことが期待されています。

脅威:皮膚刺激性に関する技術的な障壁

局所ドラッグデリバリー製剤や経皮吸収システムにとって、局所副作用や皮膚刺激性の問題は大きな課題となります。しかし、皮膚浸透のための新しい技術の出現と皮膚刺激を低減する方法の開発は、従来の薬剤の局所ドラッグデリバリー製剤と経皮システム市場の浸透に役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]