水力発電の市場規模、2028年に1,083億9,000万米ドル到達予測

水力発電の市場規模は、2021年の778億1,000万米ドルからCAGR4.8%で成長し、2028年には1,083億9,000万米ドルに達すると予測されています。水力発電は、高速で流れる水や落下する水のエネルギーから抽出される電力やエネルギーの一種で、水の力を利用する再生可能エネルギーとして知られています。また、既知のエネルギー源の中で最も高い変換率を持つものの1つで、何百万人もの人々へのエネルギーを調達することができます。さらに、安定した、信頼できる、安価なエネルギー供給は、経済の発展や世界各国の貧困の撲滅に不可欠です。

牽引要因:信頼性の高い電力に対する需要

政府支援による新規水力発電プロジェクトの増加や、信頼性の高い電力需要の高まりなどが、今後、同市場の牽引役になることが考えられます。

抑制要因:初期投資・運用コストの高さ

水力発電プロジェクトの環境に与える多大な影響が、今後の市場拡大の妨げになることが予想されます。さらに、大規模な設備投資や運用コストが必要であることや、事業開始までの期間が長いことなどが、同市場の進展の妨げになる可能性があります。

市場機会:新たな技術開発

今後数年間は、水力発電を促進するための新たな技術開発によって、価値の高い市場機会が創出されるものと思われます。

脅威:安全性に関する懸念

安全性に関するさまざまな懸念や、最新技術の開発、代替製品の発売が、同市場にとって課題となる可能性があります。

大型水力発電セグメントが最大シェアを獲得する見込み

大規模水力発電は、水の流れを利用して大型の水車を駆動させる再生可能エネルギー発電の一種です。都市部で大量の水力発電を行うためには、湖、貯水池、ダムなどが必要とされ、発電、灌漑、家庭用または工業用として水を貯蔵し調整する必要があります。大規模な水力発電施設は簡単に稼働・休止ができるため、一日の電力需要のピークを満たすために、その他のエネルギー源よりも信頼性の高い手段です。

種類別に、揚水発電(PSH)セグメントが最高CAGRとなる見込み

水力発電の種類は、在来型水力ダム、揚水発電、流水発電があります。太陽光や風力といった主要な再生可能エネルギー源の予測は困難です。揚水発電は、その過程で火力発電所のような代替資源を使用せずに、地域に24時間電力を供給できるため便利です。揚水発電は、世界各国で利用されており、水力発電の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]