ポリッシュコンクリートの市場規模、2021年から2028年にCAGR7.6%で成長予測

ポリッシュコンクリートの市場規模は、2021年の23億6,000万ドルから2028年には39億5,000万ドルに達し、CAGR7.6%で成長すると予測されています。ポリッシュコンクリートは、その美的感覚と魅力的な外観から、従来の床材の代わりとして、住宅部門、店舗、ホテル、レストランなどで採用されています。そのプロセスは、乾式と湿式の2つの方法で行われ、コンクリートの床面から汚れ、任意のラフおよび凹凸を除去することで、一定のレベルの光沢のある洗練された床を提供します。その研磨方法は、最初に粗い砥粒の研磨ディスク、次に光沢を与える細かい砥粒の研磨ディスク、最終的に表面全体への研磨とコンクリートグラインダーによって行われます。

牽引要因:建設工事の増加

多くのメーカーは、グリーンムーブメントとしてポリッシュコンクリートの使用を推進しています。これは、その高い反射率、室内空気質への影響の少なさ、そして長い寿命が評価された結果であり、住宅や非住宅の床材として新たに設置されるコンクリートへの需要が高まっています。例えば、フローリング業者やデザイナーは、ポリッシュコンクリートに慣れ親しんでおり、これをデザイン要素として継続的に使用することで、世界中の市場を、住宅や非住宅地の新規建設、リフォーム活動の増加に伴い成長させています。ポリッシュコンクリートは、倉庫、機関、オフィスビル、小売店、および様々なセクターで幅広い用途を開拓しています。2020年12月26日付のFlash Flooringで、ポリッシュコンクリートの床は、高い耐久性、滑りにくさ、優れた仕上げ、そして美しい特性のために、他の床材ソリューションよりもはるかに優れていると報告されています。この利点は、滑らかな美観を与える緻密化剤と、反射効果を持続させる研削ツールによるものです。1層目の緻密化剤の塗布では、80グリットの研削工具を使用し輝きを与え、床を着色します。2回目の緻密化層では、光沢を維持し、色を固定するために400グリットの研削工具が使用されます。ポリッシュコンクリートは、ビニールフローリング、セラミックタイル、リノリウムなど、他の床材に比べて、耐久性の面で経済的と言えます。

制約:ポリッシュドコンクリートの高コストと環境への影響

ポリッシュドコンクリートの主成分であるセメントは、二酸化炭素や温室効果ガスを生み出す最大要素であるため、その使用に関する環境への影響が課題となっています。また、ポリッシュコンクリート施工は高額で、タイルカーペットの総施工コストよりも高いコンクリートシーリングのさらに2倍のコストがかかる場合もあります。これらの点が、市場の成長にマイナスの影響を与える可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]