工業用セラミックスの市場規模、2028年に130億1,000万米ドル到達予測

工業用セラミックスの市場規模は、2021年の71億1,000万米ドルからCAGR9.0%で成長し、2028年には130億1,000万米ドルに達すると予測されています。工業用セラミックスは、熱的特性と物理的特性を併せ持つ無機非金属材料であり、高い機能性を有しています。高温、耐腐食性、耐摩耗性などの技術的な用途に使用され、持続的なコスト効率とともに長い耐用年数を実現しています。工業用セラミックスの名で親しまれているこの材料は、同時にハイパフォーマンスセラミック、エンジニアリングセラミックなどとも呼ばれています。

牽引要因:工業用セラミックスの優れた性能と高い特性

工業用セラミックスは、化学的に非常に安定しており、溶解度が低く耐腐食性に優れており、市場の需要を牽引すると考えられます。また、時間の経過とともに劣化する金属やポリマーに比べ、安定した性能と信頼性を提供します。さらに、優れた電気絶縁体であり、コンデンサや共振器に重要となる高い比誘電率を持っています。これらの材料は、1750℃を超える温度で動作することができ、超高温能力を保持しています。その高硬度、優れた圧縮強度、低密度、優れた耐摩耗性、優れた電気的特性などとともに、熱伝導性、絶縁性、化学的不活性、高耐食性などにも優れた特性を持ちます。例えば、その優れた耐摩耗性は、機械的特性や電気的特性を維持したまま、非常に高い温度に耐えることができます。

抑制要因:最終用途からの高いカスタマイズ要求

カスタマイズの要望は、工業用セラミックスのコストを上げ、もろさを増してしまいます。これは、工業用セラミックスの脆さ、高強度、高硬度、耐クリープ性などの性質により、フライス加工、旋盤加工、ドリル加工などの従来の機械加工技術では対応が困難なことに起因しています。工業用セラミックスは、輸送用電子機器、自動車、その他様々な産業で使用されています。

市場機会:工業用セラミックスの多目的用途

セラミック材料は、医療用インプラントのバルク部品やコーティング、フィラーの形で一般的に使用されています。股関節、関節、膝、脊椎などの整形外科手術やインプラントには、工業用セラミックスが使用されています。また、歯列矯正装置、歯根部インプラント、プロテーゼなどの歯科システムにもセラミックが使用されています。医療分野における工業用セラミックのその他の用途には、X線管、ハンドツール、圧力センサー、人工股関節用の大腿骨頭インプラントなどが挙げられます。優れた絶縁性、強度、耐腐食性、高耐熱性を持つ工業用セラミックスは、宇宙開発においても重要な役割を果たしています。深海探査、宇宙開発、スーパーコンピュータ、新エネルギー源など、工業用セラミックスの用途が拡大していることから、今後数年間は同市場の需要が増加すると予想されます。例えば、工業用セラミックスの代表的な材料である窒化ケイ素は、耐腐食性、圧縮強度、低比密度などの特性から、深海の地震観測に使用され、潜水艦の耐圧容器に最適です。また、熱膨張係数が実装単位の係数に近いため、スーパーコンピュータにも使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]