植物の成長プロセスを最適化、ハイエンドな温室栽培の市場規模、2028年に33億4,000万米ドル到達予測

ハイエンドな温室栽培の市場規模は、2021年の15億6,000万米ドルからCAGR11.5%で成長し、2028年には33億4,000万米ドルに達すると予測されています。ハイエンド温室は、植物の成長状態を監視・制御し、その成長プロセスを最適化するのに役立つ農業技術です。さらに、その主な目的は、ユーザーが作物の成長に必要なすべての条件を遠隔で監視できるシステムを導入することです。このシステムは、作物の微気候環境の維持、収穫プロセスの最適化、手作業の最小化など、さまざまなメリットをもたらします。

牽引要因:農業用食品の需要拡大

人口の増加に伴う食糧需要の高まりは、ハイエンド温室の主要な牽引要因となっています。世界保健機関(WHO)の統計によると、世界の人口は急速に増加しています。この人口増加と、新興国の経済発展が、農業用食品の需要をさらに押し上げると考えられます。例えば、2020年に世界銀行は、タンザニアの経済が低所得経済から低中所得経済に移行したことを発表しました。このような事が農業製品の需要を押し上げ、同時にハイエンド温室の需要を拡大すると考えられます。これは、収穫量を増やすために近代的な技術の利用を重視する農家が増えていることを意味します。温室は、太陽光が少ない冬の季節でも、一年中多くの作物を栽培することができます。

抑制要因:システム設置にかかる高コスト

また、温室は太陽光を遮断することで、作物の生育期間を長くすることができます。温室に使用されているプラスチックフィルムは、適切な換気システムが設置されずに、温度が健康的なレベルを超えた場合、温室を過度に加熱する可能性があります。ガラス窓は、温室内の熱を逃すために使用される最も効果的な素材であり、必要に応じて温室内の換気を行うこともできます。しかし、ガラスは、プラスチックフィルムに比べてコストがかかり、材料費や設置費用は他の素材に比べてはるかに高くなります。ハイエンドな温室を設置するための初期投資の高さが、市場成長の妨げになると考えられます。

市場機会:オーガニック製品の需要増加

有機栽培や地元産の農産物に対する需要の高まりが、ハイエンド温室の需要を押し上げると予想されています。地元で生産された野菜や果物は、収穫から消費までの期間が短いため、製品の栄養価が保たれます。さらに、輸送コストや製品コストを削減するだけでなく、地域経済の活性化にもつながります。世界シェフ協会のデータによると、地元で生産されたオーガニック製品は、他の地域から輸入された製品よりも味が良いと報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]