酢酸エチルの市場規模、2028年に96億4,000万米ドル到達予測

酢酸エチルの市場規模は、2021年の40億米ドルからCAGR10.8%で成長し、2028年には96億4,000万米ドルに達すると予測されています。酢酸エチルは、無色透明で溶解性の高い物質で、グリコール、ケトン、アルコール、エステルなどのあらゆる有機溶媒に使用されます。これは、芳香族臭に似た物理的特性を持つ液体物質で、接着剤やネイルペイントの除去や、洗浄、コーティングなどの溶剤として使用されます。酢酸エチルは、化学式C4H8O2の有機エステル化合物で、エタン酸エチルとしても知られており、酢酸エーテル、酢酸エステルとも呼ばれています。

牽引要因:フレキシブルパッケージ需要の増加

フレキシブルパッケージは、その高い柔軟性、多様なサイズ、低コスト、長期保存、リサイクル可能なこと、などの利点から、多くの業界で好まれる包装形態となっています。企業は、消費者の意識の高まりやブランドイメージの構築を重視するようになったことで、差別化を図るためにパッケージへの支出を増やしています。そのため、軟包装への需要の高まりが酢酸エチル市場を牽引しています。酢酸エチルは、高解像度の印刷用インクやラミネート接着剤の溶剤として広く使用されており、その急速な蒸発特性のために多くの種類の軟包装やプラスチックフィルムに使用されています。酢酸エチルはソルベントキャスト法で軟包装フィルムを製造する際に使用されます。

抑制要因:原材料の高コストと健康リスク

酢酸エチルの原材料のコスト高は、市場の最大の障害となっています。酢酸エチルを作るための原材料のコストは高額で、生産コストの高さが市場の拡大を制限しています。また、酢酸エチルの身体への悪影響は、もう一つの懸念材料です。酢酸エチルは、鼻、目、喉の感染症の原因になり、さらに、使用に伴う深刻な健康被害により、市場拡大の制限になる可能性があります。

市場機会:多様な産業での採用

酢酸エチルは、食品・飲料、ヘルスケア、包装、自動車、人工皮革など、多くの産業で使用されていることが、同市場の成長に大きなチャンスをもたらしています。また、バッグ、財布、小物など皮革製品の製造に使用されており、市場に新たな機会をもたらしています。食品業界での採用も急激に増加しており、顧客の需要を満たしています。業者は酢酸エチルを使って人工的な風味を添加しており、同市場に好影響を与えています。クリーナーやマニキュアリムーバーの必要性の高まり、医薬品分野での採用も、今後多くの市場機会をもたらすと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]