建築補修用複合材の市場規模、2028年に7億6,116万米ドル到達予測

建築補修用複合材の市場規模は、2021年の3億3,792万米ドルからCAGR 12.3%で成長し、2028年には7億6,116万米ドルに達すると予測されています。複合構造とは、複数の異種材料を含む建築構造を指し、ビルや水上バイク、航空機の製造に使用されています。また、環境の持続可能性、美観、強度などの利点により採用されています。

牽引要因:低コスト繊維の拡大

炭素繊維、ガラス繊維、玄武岩繊維の製造に使われる主な原材料は、ポリマー樹脂とそれぞれの繊維です。繊維のコストは、それを得るための前駆体原料のコストに正比例します。炭素繊維は、ポリアクリロニトリル(PAN)から得られており、ガラス繊維や玄武岩繊維はプリカーサーから得ることが出来ます。工業用繊維(炭素/ガラス/玄武岩)を作るための低コストかつ高収率の前駆体が開発されれば、これらの繊維のコストを大幅に削減することができ、工業グレードの繊維のコストを引き下げることが出来ます。さらに、繊維のコストが下がれば、繊維複合材料のコストが下がり、使用される建設用複合材料の製造コストも下がり、より安く、手頃な価格での提供が実現します。

抑制要因:低価格の代替品の存在と建設用複合材の受容性

建設用複合材製品は、無垢のステンレス鋼、エポキシ樹脂コーティング、亜鉛メッキ(ジンクコート)、ステンレス鋼クラッドなど、市場で入手できる低価格の代替品との厳しい競争にさらされています。建設用複合材は、従来の代替品よりもはるかに優れているものの、コストが高く、受け入れ率は低くなっています。また、コストの面からスチールや従来の代用品の方が好まれる傾向があり、これらの要因が建設補修用複合材市場の成長を抑制しています。

市場機会:商業用最終用途の需要増

商業用途は、建設補修用複合材市場において、金額的にも数量的にも最も成長している用途分野の一つです。建築補修用複合材は、オフィス、学校、大学、病院などの補修に幅広く利用されており、これらの非住宅建築プロジェクトの構造工学では、風力タービンの重要部品の修理に使用される費用対効果とともに、その潜在的な利点から建設用複合材料が使用されています。中国やインドなどのAPAC(アジア太平洋)諸国における人口の増加や商業建築の修理の必要性は、建設用補修材の需要を押し上げると予想され、商業用途の建設補修用複合材市場を牽引することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]