バイオガス精製の市場規模、2028年に38億1,000万米ドル到達予測

バイオガス精製の市場規模は、2021年の9億5,000万米ドルからCAGR 22.0%で成長し、2028年には38億1,000万米ドルに達すると予測されています。バイオガスは、有機廃棄物の嫌気性消化によって生成されるグリーンエネルギー源です。有機物の分解により、メタン、二酸化炭素、その他いくつかの元素からなるバイオガスが生成されます。バイオガスは、通常、一般廃棄物、バイオ廃棄物、エネルギー作物、農業廃棄物などの微生物の発酵:嫌気性消化から生成され、それら飼料は簡単に入手できるため、コスト効率が高いエネルギー源です。メタンに富んだ製品ガスに改良したバイオガスは、バイオメタンとして知られています。高性能の膜を使用したバイオガスからのメタン分離は、99.5%以上に達します。バイオメタンは送電網への注入や圧縮してCNGにするのに適しています。

牽引要因:再生可能エネルギー生産

再生可能エネルギーの需要が急速に拡大する中、バイオガスの担う役割は拡大しています。グリーンガス、バイオメタン、PNGと呼ばれる分解されたバイオガスは、通常の化石ガスに代わるものとして、ガスマトリックスへの注入、自動車の燃料、最終的には発電や暖房などに利用することができます。バイオマスは、熱、力、ガス、流体フィルを作り出すのに適した再生可能なエネルギー源です。バイオガスから得られるエネルギーは、生態系に優しく、柔軟性に富んでおり、風力や太陽エネルギーなどとは異なり、気候条件の影響をあまり受けません。

抑制要因:厳しい政府規制

政府の政策や規制は、バイオエネルギープラントの適性や成り行きに影響を与える可能性があります。バイオエネルギー活動に影響を与える政策メカニズムには、規制、目標、命令、推進力、税制、ガイドラインのようなものがあります。バイオマスはそれぞれに特徴があり、アプローチや規制の複雑さは多様です。適用される規制には、地域やバイオエネルギー工場によって、環境、植生の除去、石油/ガス、電力、輸送、地域改善、健康と安全などがあります。

市場機会:残渣や廃棄物処理の必要性

廃棄物を利用したバイオガス製造は増加しており、その可能性から複数の企業が市場に参入しています。農業屑や糞尿管理、有機残渣を生産する産業、他の目的に使用できない化学廃棄物を生産する企業など、様々な場所から集められた廃棄物がバイオガスの生産に利用されています。多様な廃棄物は、企業に市場参入の機会を与えています。バイオガスの生産には食べ残しも利用することができることから、廃棄物を収集する自治体は、バイオガスの生産に適しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]