水素吸蔵合金の市場規模、2028年に54億270万米ドル到達予測

水素吸蔵合金の市場規模は、2021年の25億3,755万米ドルからCAGR11.4%で成長し、2028年には54億270万米ドルに達すると予測されています。水素吸蔵合金は、気相または電気化学的に大量の水素を可逆的に吸収・放出することができる金属材料です。ニッケル水素電池の最も脆弱な部品であり、強アルカリ環境では腐食しやすく、充電・放電の過程で、格子の膨張と収縮を繰り返すことにより粉砕され、水素の吸収と脱離を起こします。これらの合金は、低コスト、高い安全性、温室効果ガス無排出などの特性により、優れた水素貯蔵材料として機能します。

牽引要因:水素発生・貯蔵システムの急増

水素は重要な元素の一つであり、空気中に豊富に存在します。また、近年、水素は重要なエネルギー源として、さまざまな用途に利用され、大きな注目を集めています。燃料電池・水素エネルギー協会によると、再生可能エネルギーから別の供給可能エネルギーへの置き換えに向けた注目の高まりが、水素の生成と貯蔵の需要を大きく促進しているとのことです。水素エネルギー貯蔵は、自然エネルギーによって生成された余剰エネルギーを貯蔵し、ピストンエンジンやガスタービンの燃料など、様々な用途に使用できるようにする技術です。

抑制要因:バリューチェーンの壊滅的状況

バリューチェーンの壊滅的状況は、原材料の供給から水素吸蔵合金市場の成長にまで影響を及ぼしました。経済が回復傾向にあるため、水素吸蔵合金の需要は世界的に上昇することが予想されるものの、ジャストインタイム生産への注力が同市場の成長を制限する要因となっています。

市場機会:再生可能エネルギー源としての水素への注目

大規模なエネルギー貯蔵のための地下洞窟や小規模な貯蔵のためのスチールコンテナなど、水素の生成と貯蔵の需要が増加することが予想されます。潜在的な再生可能エネルギー源としての水素への注目の高まりと、水素エネルギー貯蔵の需要拡大は、世界市場における水素貯蔵合金の需要を刺激すると予想されます。それに伴い、水素貯蔵合金、高圧水素ガス貯蔵、液体水素貯蔵、その他水素充填ステーションでの水素貯蔵など、いくつかの技術が使用されるようになりました。

脅威:高コストと複雑さ

水素エネルギー貯蔵システムに関連する高コストと複雑な仕組みは、市場の妨げになる可能性があります。特に、車載用水素貯蔵システムのコストは、石油燃料用の従来の貯蔵システムと比較して高額です。水素貯蔵システムには、低コストの材料と部品、および大量生産が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]