分析機器市場では分子分光法が成長見込み ジェネリック医薬品の需要拡大で製造国インド、東南アジア、ラテンアメリカ地域の躍進が顕著

分子分光法は、室内に設置されたNMR(核磁気共鳴装置)装置からポケットに収まるフォトメーターまで、多様な分析技術の設備で構成されています。分析機器部門は市場全体の30億米ドル以上を占めており、今後5年間は緩やかな成長が見込まれています。COVID-19パンデミックを取り巻く現在の状況は日々変化し続けており、短期的に市場動向を決定づける要因となっています。長期的な傾向としては、いくつかのエンドマーケットの需要により、分子分光法の成長が予測されています。

医薬品製造

近年の歴史の中で、急成長を遂げている中国の経済は、様々な製薬メーカーから注目を集めています。中国の製造コストは上昇傾向にあることから、医薬品製造業界は他の地域に目を向け始めています。この状況はCOVID-19のパンデミックによってさらに進み、一部の多国籍企業は中国を中心にした生産拠点から離れようとしています。ここ数年、インド、東南アジア、ラテンアメリカでは、同地域の医薬品市場への投資が増加しています。特にジェネリック医薬品の生産は、同地域の需要を満たし、同時に税制優遇措置が利用できるため、これらの地域に移ってきています。医薬品小売市場の70%をジェネリック医薬品が占めていることからも、製薬業界にとって、この地域の重要性は高まっています。また、同地域の生活水準の向上も、医療アクセスの向上と医薬品支出の増加につながり、製薬産業の長期的な成長が期待されています。分析機器については、ほとんどの分子分光法技術が何らかの形で医薬品に利用されています。製薬業界は分子分光法の最大のエンドマーケットであり、同地域は長期的な成長の鍵を握っています。

学術的期待

大学・研究所は、分子分光法のもう一つの主要な市場であり、技術の多くは教育ツールや研究機器として使用されています。現状では、多くの大学がオンラインへの移行を余儀なくされていますが、この市場の長期的な展望は多様です。中国やその他アジア諸国のように、強い経済成長と人口増加により、多くの新しい大学や研究センターが開発されている地域もあります。中国は、科学研究の生産量が爆発的に増加し、新たな科学研究のランキングでトップに躍り出ました。一方、日本は、教育資金の枯渇と人口動態の変化の結果、確実にランキングを落としています。ヨーロッパでは、ホライゾン・ヨーロッパ・プログラムが研究資金を後押ししています。米国は、研究開発に対する政府の支援が減少している一方で、研究開発費はいまだにどの国よりも高い水準にあるため、複雑な未来に直面しています。長期的には、分子分光法はアジア太平洋地域で力強い成長が続き、他の地域では成長がやや鈍化しています。研究への強力な応用と非常に高い価格設定を考えると、NMRは、このエンドマーケットの中心的な技術であると推測されます。

成長する食料需要

分子分光法に影響を与えるもう一つの長期的な傾向は、食品と農業に由来します。国連によると、2050年までに23億人の食糧需要を満たすためには、カロリーベースで70%多い食糧を世界で生産する必要があります。国連食糧農業機関が強調しているいくつかの方法には、より持続可能な農業技術の採用と同様に、食品廃棄物の削減が提案されています。この現在の傾向は、農業・食品産業の将来を示唆しています。米国では、多くの大規模農場がすでに自律型農業機器とデータ駆動型のアプローチを採用して、より効率的に食品を生産しています。中国では、非常に急速な経済成長により、ほとんどが小規模な家族経営の食糧ベースの農場から、企業所有の大規模な工業規模の農場へと変貌を遂げました。食品生産が需要に追いつくように成長を続ける中、分子分光法による食品検査機器の必要性も高まってきています。新興国からの食品の安全性と品質に対する懸念もまた、食品検査の必要性を推進することになります。食品産業は、分子分光分析装置で3番目の市場であり、このエンドマーケットの動向は分子分光分析技術にとって特別な関心事となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]