黒鉛価格は高止まり状態 需給ともにCovid-19パンデミックの影響下にあるも、電池需要は回復傾向

高価格のフレーク黒鉛が鉱山プロジェクトの開発を後押し

2020年第2四半期、Covid-19の影響が不確かな状況の中、黒鉛価格は高止まり状態にあります。2020年3月の94%から97%Cのファイン、ミディアム、ラージサイズのフレーク黒鉛価格は、2017年9月の最安値の価格を大きく上回っています。リチウムイオン電池業界からのフレーク黒鉛の需要が、中国の環境検査やその後のCovid-19による工場の閉鎖と重なったため、2017年後半から価格は着実に上昇しています。

継続的な高価格は、中国以外のフレーク黒鉛プロジェクトの開発を後押ししています。2019年から2020年初頭にかけて、いくつかのプロジェクトが実現可能性調査、予備的な実現可能性調査、スコーピングスタディ、またはリソースの更新を行いました。一方、2018年にその他の地域(ROW)で最大の生産者となったSyrah Resourcesは、2019年9月からフレーク黒鉛の生産量を3分の2に減らし、長期にわたって続く不確実な状況に対応しようとしています。最終用途産業間の相互作用は複雑です。鉄鋼業や電池産業など、需要動向を把握することで、黒鉛の需給バランスを把握することが可能になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]