カンナビノイド、中毒性を除き、有益な薬理学的な成分の同定が可能に 製薬業界では、大麻由来の製品を症状緩和薬として開発

関節炎、がん、糖尿病、心臓病などの慢性疾患は、約1億3300万人の米国人に影響を与えていることが知られており、米国の総人口の40%以上を占めています。この数は、2020年末までに1億5700万人に増加すると予測されています。さらに、約2000万人の米国人が何らかの形の神経疾患に苦しんでいると推定されています。これらの疾患は一般的に、発作、慢性疼痛、睡眠障害などの様々な複雑な症状を特徴としていますが、医学的にはまだ根本的な原因を特定することができていません。このような状態に対して現在利用可能な唯一の治療法は、対症療法的な緩和を提供する薬物です。伝統的には、オピオイドが治療の選択肢として用いられてきました。しかし、このクラスの薬物は乱用される傾向が高く、さらに、その長期使用が依存症につながり、最終的には二次的な薬物使用障害につながることが報告されています。大麻はオピオイドと同様の性質を持ち、幅広い臨床症状を緩和することが示されています。一方で、強い精神活性作用を持つことから、享楽用の薬物として広く利用されています。その結果、世界中でこの物質の厳しい規制があります。

大麻の潜在的な身体の影響に関する研究開発により、医学研究者は、生薬の中毒性を除いて、臨床的に有益な薬理学的な成分を同定することが可能になりました。現在、カンナビジオールやカンナビジバリンなどのカンナビノイド誘導体が科学界の注目を集めており、臨床研究の取り組みで研究されています。これらの分子は、主にCB1およびCB2受容体と相互作用してエンドカンナビノイドシグナル伝達系を調節することが示されています。実際、1985年に、最初の合成カンナビノイド薬であるMARINOL ®は、化学療法で誘発される吐き気および嘔吐の治療のために、米国FDAによって承認されました。最近では、2018年に別のカンナビノイド誘導体であるEPIDIOLEX®が、レノックス・ガストー症候群(Lennox-Gastaut症候群)またはドラヴェット症候群に関連した発作の治療に使用するための販売許可を取得しました。現在、製薬業界では、複数の関係者が大麻由来の成分を、治療領域の症状緩和薬として開発する取り組みを積極的に行っています。近年、この分野では、研究者や開発者が戦略的提携を行い、原材料調達のための合法的なサプライチェーンを構築し、さらなる研究を支援するために努力しており、実質的な提携活動が行われています。さらに、関心のある投資家からの支援を受けて、複数のスタートアップ企業が設立されています。この分野のパイオニアたちが、今後の薬理学的分子の臨床的有用性に関する概念実証を達成し続けていることから、この市場は大きな成長を遂げる可能性が高いと考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]