次世代シーケンシング、2030年までCAGR15%超で成長見込み、市場規模は190億米ドルへ(ROOTS ANALYSIS発行レポートより)

ゲノムシーケンシング分野は、サービスプロバイダーの可用性が一気に高まりました。遺伝子シーケンシングのコストが桁違いに低下し、多くのプレーヤーはバイオテクノロジーやライフサイエンス産業のニーズに応える精巧なサービスポートフォリオの構築に多大なリソースを費やすようになりました。

現在、業界の利害関係者は、臨床的に関連する実用的な洞察を生成するため、大規模で複雑なデータセットを掘り起こし、それぞれのリソースの統合を目的に積極的に協力しています。ゲノムデータに対する需要の高まりと相まって、この領域で進行中の革新は、創薬、バイオマーカー研究とコンパニオン診断、および個別化医療の分野でパラダイムシフトをもたらすと予想されています。

【市場の主な洞察】

・120を超える業界および非業界のプレーヤーが次世代のシーケンシングサービスを提供
当分野に携わる企業は、主に全ゲノム、全エクソーム、標的シーケンシングに第2世代および第3世代の技術を使用することで知られている。

・2,600件超の登録済み臨床試験(2019年9月まで)に遺伝子シーケンシングデータを使用
これらの臨床試験の約80%は、非業界プレーヤーがスポンサーとなっており、製薬会社および診断ソリューション両方の開発に焦点を当てている。

・過去4年間だけで、ゲノムシーケンシングに関連する5,200以上の特許が出願
特許の約55%が北米で出願、様々ながんのインディケーションに使用するため、主にバイオマーカーの発見に焦点が当てられている。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]