プレフィルドシリンジ、2030年までに市場価値は推定25億米ドル超へ(ROOTS ANALYSIS発行レポートより)


プレフィルドシリンジは、使いやすいドラッグデリバリーデバイスとしてだけでなく、製品ライフサイクル管理ツールとしても魅力的なオプションを提供しています。その結果、現代のヘルスケア産業に不可欠な存在になりました。

慢性疾患の有病率の上昇、自己注射の選好の高まり、生物製剤(ワクチンを含む)およびバイオシミラー分野で予想される市場成長、ペン型注射器およびオートインジェクターでの潜在的な用途、針刺し損傷予防への注目の高まりなど、さまざまな要因がプレフィルドシリンジ市場の成長を促進する可能性があります。

【主要な市場洞察】

現在、100のプレフィルドシリンジが利用可能または開発中
これらの製品のうち、約70%がガラスバレルである。プラスチックバレルシリンジの大部分(16)がシクロオレフィンポリマーを使用して製造されている。

約30社がアドオン/統合シリンジ安全製品を製造中
アドオン安全装置を製造するプレーヤー:Alfa Corpuscles、Biocorp、Credence Medsystems、Nemera、Schreiner Medipharm、Tip-Top(アルファベット順、選択基準なし)

市場で競争力を獲得するため、各メーカーは患者フレンドリー製品の開発に注力
当レポートでは、さまざまなプレフィルドシリンジの詳細な競争力分析を特徴としており、サプライヤの能力(デベロッパー/メーカーの従業員数や年間収益に基づく)、バレルのチャンバー数、ニードルシステムの数、バレルのボリューム、技術の進歩や使いやすさ、その他の特徴的な機能など、主要な製品の仕様を考慮。

過去7年間で、約90種類の薬剤がプレフィルドシリンジとの組み合わせで承認
これらの組み合わせ製品の大半(53%)は抗体ベースの薬物候補。治療薬クラスで次に多いのはワクチンであり、15%以上を占める。

今後、110以上の薬剤候補がプレフィルドシリンジと組み合わせて開発される可能性
当レポートの特徴は、250以上の市販製品とパイプライン候補がプレフィルドシリンジとの組み合わせで開発される可能性に関する洞察。さらに、予測される将来、プレフィルドシリンジメーカーとパートナーシップを結ぶ可能性のある100社以上のイノベーター企業を特定。

現在、製薬会社の大きな焦点は、自己免疫疾患用のプレフィルドコンビネーション製品の開発
製薬会社上位20社のイニシアチブに関する洞察では、治療分野およびプレフィルドシリンジと組み合わせて開発される医薬品の種類に関する現在の優先事項を強調

2030年までに、ワクチンとペプチド薬のプレフィルドシリンジは、市場シェアの約40%を獲得見込み
一方、低分子および抗体ベース薬剤のプレフィルドシリンジコンビネーション製品の販売収益は、それぞれ年率8%および5.9%で成長予測
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]