HER2標的療法市場、2021年から2030年にかけて堅調に成長見込み

市場の概要

ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)は、ヒト上皮成長因子受容体ファミリーの一員であり、様々な種類のがん、特に乳がんの発生と進行に重要な役割を果たしています。その結果、HER2は、様々な種類の乳がんの治療を目的とした薬物療法の重要なターゲットであることがわかってきました。HER2を標的とした治療法は、腫瘍細胞が免疫監視から逃れるのを防ぐことができる有望な治療法であることがわかっています。1998年、FDAは最初のHER2標的モノクローナル抗体であるハーセプチン®(トラスツズマブ)を転移性乳がんの治療薬として承認しました。その後、2006年にはHER2陽性の早期乳がんに対する治療薬として承認されました。乳がんの治療に成功したことを受けて、HER2の過剰発現、増幅、その他の変異など、HER2の変化を伴う他の疾患に対する可能性を評価するための重要な取り組みが行われました。最終的に2010年、HER2陽性の転移性胃がんに対してもFDAの承認を得ました。 ハーセプチン以外にも、乳がん、HER2陽性の胆道がん、大腸がん、非小細胞肺がん、胃がんなど、5種類以上の薬剤が承認され、約70種類の候補薬が開発されています。さらに、HER2を標的とした治療薬と免疫チェックポイント阻害剤を組み合わせたコンビナトリアル・スタディでも、さまざまな疾患の適応症で良好な結果が得られています。

現在、老舗企業や新規参入企業を含む複数の企業が、さまざまな疾患の適応症を対象としたHER2標的治療薬の開発に積極的に取り組んでいます。この分野のイノベーションは、主に治療効果と安全性、そして全生存率の向上に焦点を当てています。このような研究活動は、民間および公共の投資家から大きな注目を集めており、投資家は有能な開発企業に資金援助を行っています。また、ここ数年、市場ではパートナーシップが盛んに行われています。現在入手可能な医薬品や治療法の成功と、有望な臨床試験結果に牽引されて、今後10年間に複数の後期治療薬が承認・販売されることで、市場は健全な成長を遂げると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]