DNA損傷応答標的治療薬市場、2021年から2030年にかけて健全に成長見込み

市場の概要

WHOによると、がんは現在、世界の死因の第2位となっています。GLOBOCANによると、米国では2020年に様々な種類のがんと診断された患者数が1,900万人を突破しました。2030年には、この数が2,200万人を超えると推定されています。これまでに、化学療法、手術、放射線療法などの従来の方法では、特に末期がんの治療には十分な効果が得られないことがわかってきました。実際、従来の治療法のいくつかは、悪性化した細胞に含まれる遺伝物質(DNA)を損傷し、プログラムされた細胞死を引き起こすことで、がん組織を除去するように設計されています。しかし、治療によって生じたDNAの損傷が修復されれば、細胞は生き延びることができます。これが、特定の患者集団が特定の治療法に耐性を持つ理由でもあります。長年にわたり、悪性化の遺伝的原因を科学的に調査した結果、特定の細胞経路の欠陥や腫瘍微小環境によるアップレギュレーションが認識されました。これらの経路は、DNA損傷の同定/修復や、その結果として生じる従来の治療法への耐性に関与すると考えられています。これらは現在、信頼性の高い疾患バイオマーカーであると考えられており、標的薬剤開発のための有望な生物学的ターゲットとなります。

DNA損傷反応(DDR)は、DNA損傷の修復だけでなく、細胞周期の重要なポイントで細胞を停止させるチェックポイントを活性化するシグナルを送る経路のネットワークで構成されています。重要なことは、従来の治療法に対して高い特異性と感度を持ち、標的外の毒性が少ないことから、DDRをより広範な臨床症状(がん、非がんの両方)の治療に用いることができる可能性があるということです。これに関連して、世界中の数名の研究者が、DNAを損傷する抗がん剤治療に対するDDRを介した耐性を克服し、代替の経路を標的とすることでがん治療におけるDDRの機能不全を利用するために、DDR阻害剤を開発しています。

現在、ポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害剤は、DNA損傷修復プロセスの阻害に基づいて、4つの承認された薬剤があり、進行期のがんの適応症で使用されています。さらに、世界中の医薬品開発者は、DNA損傷反応経路の中で、ATM、ATR、CHK1、WEE1など、他のいくつかの分子標的を評価していると主張しています。 PARP以外の分子標的薬の大部分は、前臨床および初期臨床段階にありますが、開発者は、この新しいクラスの薬剤の治療可能性について楽観的です。上述の生物学的標的を治療することの有効性を証明する証拠が、この分野の広範な研究を通じて徐々に蓄積されてきており、これは、このテーマに焦点を当てた研究論文や特許の数が急速に増加していることに反映されています。臨床試験の結果が良好であることから、このニッチではあるが将来性のある市場は、今後10年間で健全な成長を遂げることが期待されており、この分野のパイオニアは、市場で最初に商品化されるというメリットを享受することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]