新興T細胞免疫療法市場、2021年から2030年にかけて健全に成長見込み

市場の概要

近年、養子T細胞療法(ACT)は、腫瘍や非腫瘍の様々な疾患に適用可能な、有効かつ実行可能な治療法として注目されています。高い標的特異性、カスタマイズの可能性、免疫学的記憶の生成能力などの明らかな利点により、この治療法は、医薬品開発者、投資家、消費者の間で大きな注目を集めています。実際、T細胞を用いた薬理学的治療の初期段階では、キメラ抗原受容体(CAR)や抗原感作T細胞受容体(TCR)を用いた治療法がすでに承認され、市場に出回っています。最近では、γδT細胞、Tregs、活性化T細胞、ウイルス駆動T細胞、T細胞ワクチンなど、いくつかの新しいタイプのT細胞療法が治療効果を実証し、臨床研究の初期段階でも期待されています。これらの実験的な治療法は、従来の治療法と同様に、体内の病気の細胞を選択的に除去することができ、良好な副作用プロファイルを特徴としています。現在、新規T細胞免疫療法のパイプラインには200以上の製品候補があり、今後も増加することが予想されています。さらに、Tab-cel®(Atara Biotherapeutics社)、CLBS03(Caladrius Biosciences社)、TVI-Brain-1(TVAX Biomedical社)、Viralym-M(AlloVir社)、ALS001(Coya Therapeutics社)など、35種類以上の治療薬がすでに開発の進んだ段階で評価されています。

これまでのところ、世界各国の105以上の学術研究機関および50以上の業界団体が、このT細胞免疫療法市場の今後の発展に大きく貢献しています。さらに、過去10年の間に、さまざまなパイプライン候補の開発を進めるために、業界内外で複数の協力関係が結ばれています。また、過去5年間に、ヘルスケア分野に関心を持つVCやその他の戦略的投資家によって、40億米ドル以上の資本投資が行われたことも特筆すべき点です。有望な臨床試験データと有利な資金調達により、このニッチではあるが新興の市場は、今後10年間で健全な成長を遂げると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]