糖鎖解析受託サービス市場、2030年まで堅調に成長見込み

市場の概要

抗体医薬を含む遺伝子組換え糖タンパク質治療薬は、薬理活性分子の中でも最も急速に成長しているものの一つです。現在までにFDAで承認された生物製剤の67%以上、バイオシミラーの80%以上が何らかの形でグリコシル化されています。実際、このような治療薬のパイプラインも、驚異的なペースで成長しています(年率20%以上)。ヒトのような高等真核生物にとって、ある種の生体分子のグリコシル化は、機能的な観点から重要であるだけでなく、有効性、溶解性、安定性、抗原結合に影響を与える有益な薬理学的特性を付与するものです。さらに、糖鎖は、疾患の予後や診断、治療効果の予測に役立つ有望なバイオマーカーの一種です。このような観点から、いくつかの腫瘍関連(異常)糖鎖分子(Tn、シアリルT、シアリルTnなど)や、病原性ウイルスのエンベロープ上の病原性糖タンパク質(SARS-CoV-2スパイク糖タンパク質に関連する糖鎖シールドなど)が、現在、有効な治療ターゲットとして研究されています。

しかし、糖鎖の解析は複雑なため、専門家ではない研究者や治療法の開発者が生体分子のこの側面を効果的に解析することは困難です。さらに、多段階の解析プロトコルや技術的に困難な専門知識によって、関連する解析手順はさらに複雑になり、最終的にはサンプルの汚染や試験結果の再現性の欠如につながります。最近では、糖鎖プロファイリングに使用される多様なバイオ解析技術から生成されたデータを解析するためのアプローチ(直交技術やミドルアップ戦略の使用など)が進化しており、幅広い分野の専門知識が必要となっています。そのため、医薬品開発者や医学研究者は、必要な解析の専門知識と技術的インフラを備えた契約サービスプロバイダーに、糖鎖解析のニーズをますます依存するようになっています。現在、130社以上の業界および非業界の企業が、積極的に糖鎖解析サービスを提供していると主張しています。最近では、サービス部門の多くの利害関係者が、それぞれのポートフォリオをさらに強化するために、糖鎖解析や関連サービスを提供する他の企業と戦略的提携を結び、あるいは買収しています。アウトソーシングの傾向が強まっていることや、サービスプロバイダーがそれぞれのサービスを改善・拡大しようと努力していることを考慮すると、糖鎖解析の受託サービス市場は、2030年まで安定したペースで成長すると考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]