ディスプレイライブラリー技術市場、2021年から2030年まで堅調に成長見込み

市場の概要

生物学的製剤は、製薬業界で最も急速に成長している治療薬の一つです。しかし、このような大分子医薬品の開発は本質的に複雑であり、ターゲットの選択と検証、ヒット化合物の生成、リード化合物の選択/最適化、特性評価などのプロトコルが複雑に絡み合っています。前述のステップのうち、ヒット(有効な生物学的標的に対する潜在的な医薬品候補)の生成は、非常にリソースを必要とするプロセスです。実際、検証済みのターゲットに対するヒット化合物の創出には、平均18カ月を要すると言われています。また、ヒット化合物の創出からリード化合物の同定までの段階では、約25%の確率で失敗すると言われています。時間の経過とともに、有効な治療薬のリードを生み出すために、ハイブリドーマ技術、B細胞クローニング、トランスジェニック動物を用いた技術、in vitroディスプレイ法(ファージ、リボソーム、mRNA、cDNAを使用)、細胞表面ディスプレイ法(哺乳類、酵母、バクテリアの細胞を使用)など、さまざまな方法やアプローチが開発されてきました。いくつかの成功した治療法の開発に貢献したにもかかわらず、ハイブリドーマやB細胞を用いたヒット化合物の生成技術には、いくつかの点で限界があります。例えば、前述の技術を用いて開発された薬剤や薬剤候補は、しばしば高い免疫原性を示し、開発者は、それぞれのターゲットに対して顕著な親和性を持つ安定した分子を開発・生産することが困難です。その結果、イノベーター企業は、ディスプレイライブラリーを用いた比較的新しいヒット創出方法を好むようになりました。

現代の医学研究において、ディスプレイライブラリーは様々な新規治療薬の創出に成功しており、従来の薬物スクリーニング法と比較して、大規模かつハイスループットなスクリーニングが可能であること、有効なリード化合物の同定に多様性を持たせることができること、この方法で同定された薬理学的候補物に対する免疫反応の恐れがないことなどの利点があります。利用可能なディスプレイ技術の中で、ファージをベースにしたものが最も人気があります。これは主に、選択方法がシンプルであることと、複数の複雑な抗原に対するヒット化合物を生成するために使用できることによるものです。実際、ファージディスプレイ技術を用いて発見された15種類以上の生物製剤(抗体、タンパク質、ペプチドを含む)がすでにUSFDAに承認されていることが確認されています。さらに、様々な情報によると、約70のディスプレイライブラリー由来の抗体が臨床試験に入っています。他にも、酵母ディスプレイ、哺乳類ディスプレイ、リボソームディスプレイ、バクテリアディスプレイ、mRNAディスプレイ、cDNAディスプレイなど、様々なディスプレイ技術がありますが、これらの技術にはそれぞれの利点があり、近年、バイオ医薬品業界のイノベーターの間で高い評価を得ています。ディスプレイライブラリーの使用に対する関心の高まりは、特にこの技術や関連サービスを提供する企業と医薬品開発者との間のパートナーシップ活動の最近の増加に反映されています。以上のように、ディスプレイ技術は創薬パラダイムの顕著な進化を可能にしており、ディスプレイライブラリー技術市場は今後数年間で健全な成長を遂げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]