生物製剤充填・仕上げサービス市場、2021年から2030年にかけて堅調に成長見込み

市場の概要

ここ数十年、様々な市販薬や開発中の医薬品の治療効果と良好な安全性プロファイルの結果、生物製剤業界は大きな成長を遂げてきました。この分野の製品の圧倒的な成功により、既存の製薬会社だけでなく、新規参入の製薬会社もこの分野の資産を開発するようになりました。現在、400近くの承認済み製品と4,000以上の生物学的製剤候補が臨床試験中で、さまざまな病気の治療のために開発されています。商業化された製品や臨床段階の治療候補の数が増えるにつれ、十分な製造能力や提携能力に対する需要も増加しています。製造サイクルの中で、(無菌)充填・仕上げ工程は重要なステップです。生物製剤の充填・仕上げ作業は比較的複雑で、使用前のすべての関連部品の滅菌、無菌環境での充填、充填後の適切な滅菌方法の使用を含みます。前述のステップでのわずかなミスでも、壊滅的な結果を招き、イノベーター企業に大きな損失をもたらします。そのため、企業にとっては、充填・仕上げに関する専門知識を確立し、必要なインフラを構築・維持することが重要です。

上記のような課題を解決するために、医薬品開発者は、充填・仕上げ作業を有能なサービスプロバイダーに委託することを躊躇していません。現在、約170社が生物製剤の充填・仕上げサービスを積極的に提供していると言われています。サービスプロバイダーの一般的な傾向として、この分野の関係者は、充填・仕上げサービスに対する需要の高まりに対応するために、最新の技術革新を積極的に採用し、オペレーションコストの削減や効率の向上、進化する安全性や規制要件への対応を図り、競合他社との差別化を図っています。ここ数年、充填・仕上げサービス業界では、120件以上の拡張が行われてきましたが、そのほとんどが生産能力の向上を目的としたものでした。この分野の企業は、顧客のニーズの高まりに対応するために、今後も同様の取り組みを行う可能性があると考えています。また、最近では、スポンサーとサービスプロバイダーとの間の重要なパートナーシップも報告されています。ワクチン開発者とCMOとの間では、COVID-19に対する複数のワクチンの充填・仕上げ要件を満たすことに焦点を当てた取引が相当数行われています。予想される生物製剤市場の成長を考慮すると、生物製剤充填・仕上げサービス市場は、今後数年間、安定したペースで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]