ペプチド治療薬開発企業への投資額、2019年以降30億米ドルに上る

市場の概要

長年にわたり、ペプチド治療薬などの生物学的製剤の人気が高まったことにより、医療業界の焦点は、従来の低分子ベースの治療から、複雑ではあるが今後の薬理学的治療へと明らかにシフトしています。ペプチド治療薬の成功は、標的特異性が高く、毒性が低く、安全性プロファイルが良好であるという臨床上の利点に起因します。2017年以降、10種類以上のペプチドベースの医薬品が、世界のさまざまな地域で販売承認を取得しています。 最近承認されたペプチド医薬品の例としては、(承認の逆時系列順に)Lupkynis™(2021年)、Mycappsa®(2020年)、Scenesse®(2019年)、Rybelsus®(2019年)、Vyleesi®(2019年)などがあります。さらに、150種類以上の治療用ペプチドが現在臨床研究中であり、いくつかの新規リード化合物が研究の初期段階で評価されています。また、ペプチドベースの治療薬は、世界の医薬品売上高の5%を占めていることも特筆すべき点です。

現在、いくつかの医薬品開発者と技術提供者が、ペプチド治療薬複合体や細胞浸透性ペプチドなどの新規ペプチド治療薬の開発に積極的に取り組んでいます。この分野の技術革新は、主に薬物送達方法の改善、原薬の安定性、標的親和性、毒性プロファイルの最適化に焦点を当てています。いくつかの大手製薬会社もペプチド治療薬に関心を示し、この分野に時間と資本の両方を投資しています。2019年以降、様々な種類のペプチド治療薬の開発に携わる企業に30億米ドル以上が投資されています。さらに、この市場では、重要なパートナーシップ活動が見られます。最近、この業界のステークホルダー間で、医薬品の開発と商業化に焦点を当てたいくつかのライセンス契約が結ばれました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]