婦人科向け非ホルモン療法市場、2021年から2030年にかけて大きく成長見込み

市場の概要

世界保健機関(WHO)によると、性と生殖に関する健康状態は、15歳から44歳までの女性に蔓延する臨床症状の約3分の1を占めています。人間の女性の生殖システムは複雑で、主にエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンに支配されています。実際、女性は男性に比べて、さまざまな形の不安や抑うつ、医学的に説明できない身体的症状を経験しやすいと言われています。ホルモンは、生殖に関するほとんどすべての問題に関与しているため、女性特有の臨床症状の治療および予防のために、多くのホルモン調整治療が開発され、利用されています。このような治療法は、実行可能かつ効果的であることが証明されており、1960年代から使用されています。このような治療法は、1990年代後半に臨床試験が行われ、その有効性が証明されてから、医療の主流となりました。しかし、ホルモン治療は大きな成功を収めたものの、その後の研究では、ホルモン依存性のがんを含むいくつかの望ましくない副作用との間に正の相関関係が認められました。

近年、ホルモン剤以外の代替品の開発と導入は、女性のヘルスケアに革命をもたらしました。ブリスデル®はその最初の製品で、2013年に更年期女性のほてりの管理を目的として承認されました。現在までに21種類の非ホルモン性治療薬(最近の例ではOriahnn™、Phexxi™、Esmya®など)が承認されています。さらに、いくつかの非ホルモン系製品の候補が、製品開発のさまざまな段階で評価されています。非ホルモン系の治療薬は、ホルモン系の治療薬に比べて、安全性が高く、ホルモンバランスを保つことができ、治療期間が比較的短いなどの利点があることが、臨床試験や製品承認後の研究で実証されています。この市場では、いくつかの利害関係者が、これらの製品の継続的な開発と商業化の取り組みを支援するために戦略的な協力関係を結んでおり、重要なパートナーシップ活動が観察されていることは注目に値します。また、現在進行中の臨床研究で有望な結果が得られれば、この市場での製品開発を支援するための投資が増加することが予想されます。したがって、この分野では今後数年間で大きな成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]