細胞治療薬製造市場、2021年から2030年にかけて大きく成長見込み

市場の概要

ある小規模な細胞治療メーカーのCEOは、次のようにコメントしています。「細胞治療のコストは、製造期間、ベクターベースの細胞トランスフェクション、遺伝子改変の程度など、さまざまな要因によって異なります。このような製品の価格は、2,000米ドル(軟骨インプラント)から50,000~60,000米ドル(細胞・遺伝子治療)の間で変動することが確認されています。」

このように、細胞治療薬の開発・販売数は増加の一途をたどっており、今後、バイオ医薬品業界で最も高い評価を受ける市場の一つになることが予想されます。実際、2021年2月、USFDAは、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社が開発した、再発または難治性の大細胞型B細胞リンパ腫の治療を目的としたCAR-T細胞ベースの治療薬であるBreyanzi®を承認しました。最近の報告書(The Alliance for Regenerative Medicine発行)によると、細胞治療、遺伝子治療、組織治療の評価に焦点を当てた1,200件以上の臨床試験が、現在、世界中の1,000以上の組織(学術機関を含む)で実施されています。この市場のさらなる成長は、専門家の数が限られていること、細胞療法を製造するための専門的なインフラが整っていないこと、製品開発や製造に関連するいくつかの課題によって妨げられています。この複雑な生物学的製剤の臨床的有用性や治療の可能性を示す十分な証拠があることから、この業界のステークホルダーの関心は細胞治療の製造プロセスの最適化に移っています。さらに、この分野の研究に参入する大手製薬企業が増えるにつれ、これらの大手企業が独自に開発した製品候補が成熟し、大量生産が必要になるため、細胞治療の製造需要が大幅に増加する可能性があります。大企業を含むいくつかの細胞治療開発者は、製造に関する懸念に対処するために、製造受託機関(CMO)を利用しています。

細胞治療の製造サービスの状況は、業界のプレーヤー(老舗企業、中堅企業、新興企業/小規模企業を含む)と、いくつかの学術機関が混在しています。注目すべきは、自社で必要な細胞治療薬を製造するための能力と設備を持つイノベーター企業が、(主に自社のリソースを最適に活用し、新たな収益機会を得るために)受託サービスを提供していることです。さらに、細胞治療をより手頃な価格で提供するために、いくつかの関係者は、人件費を削減し、プロセスの拡張性を高めるために、さまざまなレベルの自動化を導入しています。この特殊なサービス業界では、ここ数年、パートナーシップの動きが活発化しており、この分野での成長と能力の統合を目指して、いくつかの企業が大手企業に買収されています。関係者が既存の課題を軽減するために努力し、細胞生産プロセスを改善するためのイノベーションに注力していることから、この市場は中長期的に大きな成長を遂げるだろうと予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]